フォー【麺のカロリーや糖質は低い?英語では?】ベトナム料理!

あなたはベトナム料理はお好きでしょうか?

そして、その中でも『フォー』を召し上がったことはありますか?

ベトナム料理では定番とも言えるフォー。

今回はそんなフォーについて、英語では何というのか、また麺のカロリーや糖質についてご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

フォーってどんな食べ物?

フォーはご存知の通り、ベトナムの国民料理とも言える麺料理です。

ベトナムに住む人は、3食フォーを食べる人もいるほどの定番料理です。

屋台やレストラン、ホテルなど様々な場所で提供されています。

フォーは、米粉と水で作られた麺が特徴的な料理です。

フォーは、日本のうどんと言えば分かりやすいですね。

平らな麺が特徴的で、細さは日本のうどんの細麺ほどのものが一般的なんですよ。

鶏ガラや牛骨で出汁を取ったスープにフォーの麺を入れます。

具には、薄切りの牛肉や鶏肉、そして香草などをのせます。

通常、具材としてのせる牛肉は半生状態であることが多いでしょう。

フォーは英語で表記する場合Phoと記載します。

フォーと言っても十分通じますが、“Noodle Dish”“Noodle Soup”と言われる事もあります。

フォーにのせる具材によって名前は変化します。

  • 鶏肉がのっている場合は、フォー・ガーと呼ばれます。
  • 牛骨がのっている場合は、フォー・ボーと言われるんですよ。
  • 魚を使ったフォーは、フォー・カーと呼ばれています。

フォーのカロリーはどれくらい?糖質は?

フォーのカロリーは、1杯約470kcal程とされています。

ボリュームがあるため、カロリーは決して低くないと言えるでしょう。

カロリーが高くなる原因は、麺ではなく具材としてのっている肉が原因ですね。

肉を控え、代わりに野菜をのせるなど工夫をすれば、カロリーを抑えることが出来ます。

糖質は、1杯あたり約83gとなっています。

糖質制限をされている場合、糖質摂取量は1食あたり40gであることが多いですので、糖質は多いといえます。

糖質だけ考えると、2食分以上を摂取していることになりますね。

糖質が高くなる理由は、米粉を原料とする麺が使用されているからです。

麺はもともと糖質が高い食材として知られているため、小麦粉を使った麺であっても、フォーのような米粉でも大きな違いはありません。

麺だけでも糖質が高いため、具材などが加わると1杯80g以上の糖質を摂取することになります。

もしご自宅で糖質0の麺を使う事が出来れば、糖質を気にすることなくフォーを楽しむことが出来ますよ。

糖質を大幅カットした麺に、鶏肉、もやし、レタスなどの控えめな具材を入れれば、カロリーも糖質も気にすることなく食べることが出来ます。

【スポンサードリンク】

フォーはどうやって作るの?

アジア料理を作る事は難しいと思うかもしれませんが、意外と簡単に作ることができます。

フォー200g、鶏胸肉250g、もやし50gを用意しましょう。

その他お好きな野菜を用意しても良いでしょう。

アクセントにライムなどを用意しても良いかもしれませんね。

  • まず、フォーを温かいお湯に15分ほど漬けて元に戻してくださいね。
  • そして鍋に4カップの水、市販の鍋キューブ鶏だしの素2個、ナンプラー大さじ1を入れましょう。
  • 鶏肉を鍋に入れて火をかけましょう。
  • 火が通ったら、鶏肉を鶏だし食べやすい大きさに切ってくださいね。
  • 鶏肉に使ったスープは、捨てずに置いておいてください。
  • 別の鍋を用意してお湯を沸かし、フォートもやしをいれて2~3分茹でてください。
  • その後、器にフォーともやし、鶏肉を盛り付け、置いておいたスープを注いてください。
  • 香菜やライムなどをお好みであわせれば、フォーの出来上がりです。

市販の鍋キューブを使わなくても自宅の調味料でも味付けが可能です。

醤油と塩胡椒、そして生姜があれば味付けが可能です。

また野菜には、小松菜や長ネギなどを入れてはいかがでしょうか?

まとめ

フォーはベトナムの国民料理であることが分かりました。

カロリーや糖質は決して低いものではありませんが、たまに食べるには美味しいメニューですよね。

お店で食べても美味しいですが、ご自宅でも簡単に作れますので、ぜひお試しください。
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ