ベトナムコーヒーとは【特徴や入れ方(器具あり/器具なし)について!】

あなたは、コーヒーをよくお飲みになりますか?

コーヒーには様々な種類がありますが、その中でも『ベトナムコーヒー』は飲んだことがありますか?

今回は、ベトナムコーヒーにどのような特徴があるのか、また、ベトナムコーヒーの入れ方を器具あり、器具なしの場合にてそれぞれご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

ベトナムコーヒーとはどんなものなの?特徴は何?

ベトナムコーヒーは、名前からも分かる通り、ベトナムで飲まれているコーヒーです。

伝統的なコーヒーとも言われており、一番の特徴はコンデンスミルクを使うところです。

焙煎したコーヒー豆に、器具を使ってコーヒーを抽出し、その後コンデンスミルクを加えることが一般的です。

甘い練乳と苦味のあるコーヒーの独特な味わいが特徴的ですね。

ベトナムコーヒーという呼び方以外にも、ベトナム式コーヒーやベトナムカフェオレなどと言われ、親しまれています。

エスニックな味わいが楽しめるコーヒーとも言えるでしょう。

もともとベトナムコーヒーが生まれた起源は、フランスの植民地支配を受けた頃に遡ります。

コーヒーがその頃から栽培されていたのです。

栽培されているコーヒー豆はロブスタ種とアラビカ種の2種類です。

日本でよく飲まれているのはアラビカ種です。

ロブスタ種は、味が独特で強烈であるため日本ではめずらしい種です。

ロブスタ種は、日本では主にインスタントコーヒーや缶コーヒーなどの加工品の材料として使用されていることが多いです。

なぜなら、コーヒー豆の生産量はブラジルが1番、ベトナムが2番なのですが、ベトナムでは、大半はロブスタ種が作られているため輸入しやすいからです。

そんなロブスタ種がベトナムコーヒーでは使用されています。

【スポンサードリンク】

ベトナムコーヒーの入れ方はどうすれば良いの?

ベトナムコーヒーをいれるためには、一般的にコーヒーを抽出するための鍋のような器具を使います。

器具がそろったら、コーヒー豆、コンデンスミルク、そしてお湯があれば、ベトナムコーヒーを作ることが出来ます。

  • コーヒー1杯には、コーヒーの粉15g前後に対してお湯を120cc用意しましょう。
  • そして、コンデンスミルクは25g前後が目安となります。

ベトナムコーヒーに使用する器具には、穴があいているフィルターのようになっている物が一般的です。

コーヒーは中挽きのものが使いやすいですよ。

コーヒーは濃いコンデンスミルクに負けないような深めの焙煎されたものがおすすめです。

器具のフィルターにコーヒーを入れてくださいね。

そして蓋をした後、ネジで締めます。

ネジを締める強さにより、コーヒーをどれだけ濃くするかという調節ができるんです。

キツめに締めることで、コーヒー粉の密度が高くなるため、抽出時間が長くなり、より濃いコーヒーを淹れることができます。

一方、緩めに締めることで、密度が低くなるため抽出時間が短くなり、より薄いコーヒーを淹れることができます。

  • まずお好みに合わせて、器具のネジの閉め具合を調節してみてくださいね。
  • コーヒーカップに練乳を先に入れて、セットしたフィルダーをのせてみましょう。
  • 上からお湯を少量注いで、コーヒーを蒸らしてください。
  • 20秒前後蒸らした後は、残りのお湯を注いでしまい、コーヒーカップにコーヒーが落ちきるまで待ってくださいね。
  • フィルターをとり除いた後、コンデンスミルクとコーヒーをよく混ぜ合わせれば、ベトナムコーヒーの出来上がりです。

器具ありのベトナムコーヒーは、上記のように簡単に作ることが出来ますが、器具なしの場合はどうすれば良いかご存知でしょうか?

実は、ご自宅にあるコーヒードリッパーとペーパーフィルタさえあれば大丈夫なんです。

通常のコーヒーを飲む時と同様にコーヒーをセットし、カップにコンデンスミルクをいれれば、簡単に作ることが出来ます。

濃い目にコーヒーを作ることが、美味しいベトナムコーヒーになる秘訣とも言えます。

まとめ

ベトナムコーヒーは、コンデンスミルクを使っていることから、とても甘くて濃厚な味わいを楽しむことが出来ます。

砂糖を入れるコーヒーよりも甘さが目立つ濃厚なコーヒーと言えますね。

入れ方は、器具ありでも器具なしでも大きな差はありませんが、コーヒーの濃さを調節したい場合は、器具を使うと、より本場ベトナムコーヒーに近づけることができるでしょう。
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ