ウェイパーの代用は鶏ガラでOK?【チャーハンやスープを作る前に!】

yjimage

家庭料理の中でも、普段よく作られるのがチャーハンやスープですね。

普段から頻繁に作るからこそ、味は大切です。

そしてチャーハンやスープの味を更に美味しくするために、最近よく使われるのがウェイパーという調味料です。

少し前までウェイパーは、中華食材店や百貨店等に行かなければ手に入りませんでしたが、今はスーパーでもウェイパーを購入できるところが増えています。

チャーハンやスープを作るときにあればとても便利なウエイパーですが、手元にない時に代用で使えるのが「鶏ガラ」です。

ウエイパーの代わりに鶏ガラを代用しても、チャーハンやスープの味を充分にアップすることが出来ます。

そして、鶏ガラはたくさん市販されているものがありますし、また値段もお手ごろです。

今回は、そんなウェイパーの代用「鶏ガラ」について、より詳細にご紹介していきますね。

【スポンサードリンク】

チャーハンやスープを作る前に

お料理をなかなかしない人でもチャーハンやスープは作ったことがあるといわれるほど、日本の家庭料理の中でポピュラーな料理とされるチャーハンとスープ。

また有名中華料理店でも、必ずメニューにあるチャーハンとスープ。

同じ物でも家庭で食べる味とプロが作る味とでは、何かが違いますよね。

その家庭で作るチャーハンとスープを、よりプロの味に近づける調味料として有名なのがウェイパーと呼ばれる半練状の調味料です。

ウェイパーとはどのようなものなか、見て行きましょう。

ウェイパーとは?

ウェイパーは、今では中華の万能調味料として定着しています。

赤い缶で「味覇」(ウェイパー)と書かれた調味料を一度は見たことのある方が多いかと思います。

ウェイパーは株式会社廣記商行が製造販売されている中華万能調味料です。

豚骨、鶏骨ベースに野菜エキス、スパイス等も入っていると紹介されており、半練状になっているので、調理中に熱で溶けていきます。

チャーハン、スープにこちらを少し加えるだけで本格的なプロの味に変化します。

ただ、ウェイパーは調味料にしたら少し高価なものです。その為、もう少し手軽に使えるものとして鶏ガラスープがあります。

次に、鶏ガラをウェイパーの代用にすることは出来ないかを見ていきましょう。

鶏がらはウェイパーの代用になるか?

万能中華調味料と言われるウェイパーの代用に鶏がらは使えます。

鶏がらスープは各食品会社からたくさん販売されています。

各会社によって特徴は様々ですが、ウェイパーがなくてもチャーハンやスープの味がプロに近くなるのは可能です。

有名なところでは、味の素が出している「丸鶏ガラスープ」。

こちらは顆粒になっているので溶けやすく、チャーハンに使用する際もとても便利です。

また、S&B社が出している「李錦記 鶏ガラスープの素」。

こちらも李錦記シリーズとして中華調味料として有名で、こちらも顆粒になっています。

健康志向が高まっている昨今、化学調味料不使用の鶏ガラスープも人気です。

例えば、富士食品工業が出している「化学調味料不使用のガラスープ」。

こちらは、同じシリーズの「がらあじ(鶏ガラスープの素)」より、塩分が30パーセントカットされており、健康志向の方に人気があります。

化学調味料を使用していない分、賞味期限も化学調味料不使用の方が半年短く、18か月となっていますが、50グラム200円という価格設定になっております。

そのため、値段も買い安く、長期間置いておくのではなく、短いスパンで無くなるようになっています。

これからの季節、開封したものを長期的に置いておくのは気になりますので、その点においても消費者にとって嬉しい製品です。

【スポンサードリンク】

鶏がらスープにひと工夫でよりウェイパーに近づきます

鶏がらだけでも充分チャーハンやスープにコクが付き、おいしくなりますが、ほんのひと工夫で料理の味はぐんとアップします。

それには香味野菜を使用するのがお勧めです。

例えば、生姜

こちらはスープに入れるとあっさりし、また体を温める効果が増します。

冬だけでなく、夏に1日冷房の中で過ごす方にはオススメのちょい足し香味野菜です。

また、にんにくもお勧めです。

チャーハンを作る際、はじめの油に少しにんにくを入れて香りをだすと、チャーハンの味がグンと引き立ちます。

そして、ねぎも、スープやチャーハンに入れるとよい香味野菜です。

鶏がらスープとの相性もよく、切り方によって味や風味や触感が変わり、味のバリエーションが広がります。

ネギ油にして、最後にチャーハンにかけたり、スープの色合いにもいいですね。

さて、万能調味料として重宝されるウェイパーですが、チャーハンやスープを作る際に、もしウェイパーがなくても、このように家にある鶏ガラスープで美味しい料理が出来ることが分かりましたね。

あなたも是非、さまざまな鶏ガラをお試しくださいね。

→「おひなまき/夏の暑いシーズンを迎えるにあたって」は、こちらのページ
→「アメフト/大学ランキング」は、こちらのページ
→「スポーツで活かすメンタルトレーニングの方法」は、こちらのページ

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ