添加物表示【キャリーオーバーって何?】表示順番や義務のマメ知識

「食品添加物」という言葉を聞いて、
どういったイメージを持たれるでしょうか?

食品に含まれるものだとぼんやりイメージできても、
それがどういった理由で使われているか、
詳しく知る方は少ないのではないでしょうか?

食品添加物は、私たちの身近な食品に多く使われています。

ただ、その安全性や身体への影響は世界で賛否両論あり、
100%安全な物だとは言えないのが現状です。

そのため日本では、
この食品添加物の表示義務や表示の順番など、細かく規程しているのです。

さらに、添加物の1つである「キャリーオーバー」というものについても、
今回ご紹介します。

キャリーオーバーや表示の順番など、
「知らなくてもよいのでは?」と思われるかもしれませんが、
私たちが食べるものが何からできているのかを知るために、
大変参考となるトピックスです。

ぜひ、読んでみてくださいね。

【スポンサードリンク】

食品添加物、気にしてますか?

あなたは、「食品添加物」を普段気にして生活をしていますか?

日本には、「食品衛生法」という法律があり、
そこに食品添加物について定められています。

その内容によると、
食品添加物とは「原材料となる食品のほかに使われるもの」です。

もう少し簡単に言うと、
食品を作る、加工する際に使う調味料、保存料、着色料などを
まとめて「食品添加物」と言います。

例えば身近なところでは、次のような種類があります。

① 甘味料・・・食品に甘味を与える(例:キシリトール)
② ガムベース・・・チューインガムの基材に用いる(例:エステルガム)
③ 発色剤・・・ハム・ソーセージの色調を改善する(例:亜硝酸ナトリウム)
④ 着色料・・・食品を着色し、色調を調整する(例:クチナシ黄色素)

この他にも、様々な種類の食品添加物が存在し、
加工食品を製造する際に使用されているのです。

そして加工食品は、
原則として、使用したすべての食品添加物を、
製品の見やすいところに記載しなければいけません。

加工食品を購入された際は、
ぜひ裏側に記載されている原材料をチェックしてください。

そこには大抵、使用された食品添加物の名称が記載されているはずです。

キャリーオーバって何?

さて、「食品添加物」について少しご紹介しましたが、
「キャリーオーバー」という言葉を聞いたことはありますか?

キャリーオーバーは食品添加物の1つですが、実は表示義務はありません。

その理由を詳しく見ていきましょう。

キャリーオーバーとは、食品衛生法上、次のように定義されています。

「原材料の加工の際に使用されるが、
 次にその原材料を用いて製造される食品には使用されず、
 その食品中には原材料から持ち越された添加物が
 効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの」
(食品衛生法)

少し難しいですが、簡単に言うと、
「食品原料には含まれているけれど、
 使用した食品には微量のため、効果が出ないもの」

です。

そのため、法律上は表示義務が免除されているのです。

例を2つ、挙げてみます。

【例① せんべいに使用される醤油に含まれる食品添加物】

せんべいを製造する際、
味つけ用に「安息香酸」という保存料を使用した醤油を使いました。

しかし、最終的に完成するせんべいの保存料としては、効果を持ちません。

この場合は、
「キャリーオーバー」に該当するため、表示義務はありません。

【例② ポテトサラダに使用されるハムに含まれる食品添加物】

ポテトサラダを製造する際、
「発色剤」を使用したハムをポテトサラダに入れました。

この場合は、
ハムは原型をとどめており、発色剤としての機能を果たすので、
キャリーオーバーにはならず、表示義務があります。

私たち最終消費者が購入する食品は、
完成するまでの過程で、様々な食品が使用され、
そこにも食品添加物が含まれている場合があります。

そのため、たとえ表示義務があったとしても、
食品に含まれるすべての添加物を記載することは
製造側にとって大変、骨の折れることです。

そういった経緯から、食品の表示を免除されていると考えられます。

【スポンサードリンク】

食品添加物の表示順番と義務

日本には「JAS法」という法律があり、
この法律は私たち消費者が安心して食品を購入できるよう、
食品の表示について定めています。

JAS法では、加工食品の原材料を記載する際は、
その「原材料」の欄に、
添加物以外の原材料と、
添加物(キャリーオーバーを除く)を区別して表示しなければいけない

としています。

そして、
重量の割合の多い順に記載しなければいけないとも規程しています。

また、消費者に分かりやすく表示をするために、様々な工夫がされています。

例えば、次のようなルールに従って食品添加物が表示されるよう定められています。

【①物質名を表示】

食品添加物を表示する際は、原則「物質名」を記載しなくては行いけません。

ただし、消費者になじみのない物質名については、分かりやすいよう、
正式名称ではなく、一般的な名称を記載をしてよいことになっています。

例:「L-アスコルビン酸」⇒「ビタミンC」

【②用途を記載する】

食品添加物の物質名だけでは、
私たち消費者にとって大変分かりづらいものです。

そのため、
保存料や甘味料など、8種類に分類される食品添加物については、
物質名だけではなくその用途も記載することになっています。

例:
甘味料・・・甘味料、人工甘味料又は合成甘味料

着色料・・・着色料又は合成着色料

◇8種類の添加物◇

a.甘味料、b. 着色料、c. 保存料、増粘剤・安定剤・ゲル化剤又は糊料、
d. 酸化防止剤、e. 発色剤、f. 漂白剤、g. 防かび剤又は防ばい剤

このように、
JAS法は私たち消費者にとって分かりやすい表示がされるように、
工夫がなされているのです。

ぜひ、あなたもその気持ちに応え、
日頃から食品表示をチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

食品添加物、キャリーオーバー、表示義務についてご紹介しました。

大切なことなのに、広く知られていないことばかりです。

私たちは、食べ物によって体が作られます。

そのことを忘れず、
日頃から食品添加物や表示義務について意識してチェックすることは
とても大切なことです。

ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にして、生活に取り入れてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ