帝王切開の傷の痛み【2人目の妊娠・出産で知っておきたいこと】

現在、日本では約5人に一人が帝王切開で出産していると言われています。

想像しているよりも頻度が高いと思いませんか?

でも、帝王切開って、傷の痛みも長引きそうだし、
何よりお腹を切るのが怖いと思う方もいらっしゃるでしょう。

また、1人目が帝王切開だった場合、
2人目の出産はどうなるの?という疑問も湧いてくると思います。

そこで、ここでは、

・帝王切開の傷の痛みについて
・2人目の出産はどうなるのか

という点を中心に、普通分娩との違いを含めて考えていきましょう。

【スポンサードリンク】

帝王切開の傷の痛みってどうなの?

陣痛が来ていない時に帝王切開をした場合、
術前の処置に痛みはほとんどありません。

ただし、病院によっては麻酔をかける前に
尿管カテーテルを入れるといった場合もあるので、
多少痛みを感じることもあるようです。

術中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはありません。

お腹のなかを引っ張られるような感覚があるだけです。

帝王切開で痛みを感じるのは術後です。

最近は、術後に硬膜外麻酔を入れていた管から
痛み止めを注入してくれる病院が多いので、
夜中に激痛で眠れないということは
少なくなってきていると言われています。

しかし、癒着や腸閉塞、血栓症などの合併症を防ぐために、
定期的に寝返りを打たねばならなかったり、
翌日から歩かなければならないので、
動いた際には特に強く痛みを感じます。

大体3〜4日後には少し傷の痛みも減少し、
退院する頃には普通に歩くことができるようになります。

さらに、痛みがほとんど消えるまでには1ヶ月程度かかります。

また、傷跡の残りやすさには個人差があると言われていますが、
医療用テープなどで傷を目立たないようにすることも
できるようになってきています。

2人目の出産も帝王切開になるの?

母子のどちらかまたは両方に危険があると判断される時に
帝王切開が選択されます。

1人目が帝王切開で生まれると、子宮破裂のリスクを避けるため、
多くの場合、2人目は予定帝王切開になります。

しかし、例外的に2人目を自然分娩で産むことができる場合もあります。

VBACと呼ばれていますが、これができる施設は限られています。

万一子宮破裂などになった場合を想定して、
医療スタッフを揃えておかなければならないからです。

VBACを希望する場合は、事前に可能かどうか医療機関に問い合わせておきましょう。

【スポンサードリンク】

2人目妊娠までの期間

1人目が帝王切開で生まれた場合、
多くの場合、医師から一年間は妊娠しないようにという注意があります。

お腹を切って縫っているので、
子宮が十分に回復しないうちに妊娠してしまうと、
傷が開いたり、縫い目が裂けたりして、
子宮破裂の可能性が高まるからです。

2人目妊娠までの期間は病院によって多少ばらつきがあり、
半年とする医師もいれば、2年は開けたほうがいいという医師もいます。

子宮破裂は予測が難しく、母子ともに危険な状態になりますので、
リスクを回避する上でも2人目の妊娠までに最低でも一年間は開けましょう

まとめ

帝王切開での出産は痛みを感じる時期が普通分娩とは違います。

また、次に妊娠するまでの期間や、2人目の出産方法にも制約がつきます。

しかし、出産において最も大切なことは
赤ちゃんとお母さんがともに健康な状態で出産を終えることです。

帝王切開でも、普通分娩でも、
無事に赤ちゃんが生まれることを喜びたいですね!

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ