紹興酒の代用は焼酎や料理酒、みりん、養命酒などで出来るの?

『紹興酒』は中国のお酒として有名ですよね。

紹興酒は飲んで楽しむことはもちろん、調味料として使用することもあるでしょう。

今回は、料理に使いたいと思った時、焼酎や料理酒、みりんや養命酒で焼酎の代わりになるのかをご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

紹興酒の代用はできるの?焼酎や料理酒、みりん、養命酒での代用は可能?

中華料理を作ろうと思った時、材料に紹興酒という記載があることはご存知でしょうか?

中華料理を頻繁に作る場合は、ご自宅に紹興酒があるかもしれません。

しかし、多くの場合はご自宅に無い場合も多いのではないでしょうか?

中華料理を作ることを諦めるのは待ってください。

通常、様々な料理に使われるお酒は醸造酒です。

料理を美味しくするにアミノ酸の旨味成分が必要となりますが、醸造酒にはアミノ酸が含まれています。

そしてアミノ酸は、料理に甘みやコクを与えてくれます。

そんな紹興酒の代用として使えるものとして、まず日本酒があります。

紹興酒の方が味や香りが濃いのですが、料理に使う食材を柔らかくしたり、臭み消し、料理の風味付け、コクを出すという目的であれば、十分代用が可能でしょう。

次に「みりん」があげられます。

みりんには、本みりん、みりんタイプ調味料、みりん風調味料があることをご存知ですか?

本みりんは、もち米や米麹、醸造アルコールが使用されているので、紹興酒と同様にアミノ酸の旨味成分と甘みがあります。

風味は全く異なりますが、料理のコクと甘みだし、材料の臭み消し、煮崩れ防止を求めるのであれば、代用ができます。

みりんタイプ調味料はアルコールが含まれますが、飲用出来ないよう塩が加えられている物となります。

こちらの調味料で代用する場合は、料理が塩辛くならないよう注意が必要ですね。

みりん風調味料は、1%未満のアルコール含有量に加え、熟成もされていないため、紹興酒の代用にはならないでしょう。

焼酎は、蒸留酒で旨味成分よりアルコール度数が高いお酒です。

臭みをとる事は可能ですが、旨味を加えたり、素材を柔らかくしたりすることは難しいため、料理には向かないと言えるでしょう。

どうしても焼酎を用いる場合は、うま味調味料、みりん、だし汁などを多めに加えると代用することは可能です。

薬局などで見る「養命酒」で紹興酒の代用は出来るのでしょうか?

養命酒は薬酒と言われています。

アルコールに生薬を漬けて抽出した物となり、紹興酒とは作り方も異なるお酒になります。

味わいはたしかに甘く、まろやかな事も多いですが、代用するには味が独特なため難しいと言えます。

薬膳料理を作るということであれば、養命酒を用いることも出来るでしょう。

【スポンサードリンク】

調味料にもなる紹興酒はどんなお酒なの?

紹興酒の代用として焼酎や調理酒、みりんなどが挙げられますが、紹興酒はどのように作られているかご存知でしょうか?

日本酒とは違い、材料にもち米が使用されていることが大きな違いと言えます。

日本酒は米を洗い、水分を吸収させ、蒸して米麹と合わせます。

一方、紹興酒は、洗ったもち米を10日間ほど水につけ、乳酸菌を繁殖させます。

その後、蒸して麦麹と合わせ水を加え発酵させていきます。

アルコール度数は、14~20度と日本酒に比べ低めで、酸味と甘み、そして香りが楽しめます。

独特の風味を楽しむために調味料として用いられることも多いのです。

紹興酒には、ビタミン、ミネラル、旨味成分にもなるアミノ酸が含まれているため、味わいを楽しむ他、疲労回復や食欲増進などの効果も期待できます。

まとめ

紹興酒は、お酒として飲む場合は、ご自宅にあることも多いですが、ない場合は代用できることが分かりました。

ただ紹興酒は体にも良いですし、中国では調味料としても多く利用されているため、1瓶購入すれば、飲んでも良し、料理に入れても良しと、使い方の幅が広がること間違いなしです。

この機会に紹興酒を購入してみるのも良いかもしれませんね。
 
*併せてこちらもどうぞ!「紹興酒の度数は年数によって変わる?カロリーや糖質は?」
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ