スンドゥブ具材【おすすめランキング!】野菜や海鮮は何が合うの?

『スンドゥブ』といえば、豆腐と豊富な食材を合わせたスンドゥブチゲが有名ですよね。

そんなスンドゥブ料理には、どんなおすすめの具材があるのかはご存知でしょうか?

今回は、野菜や海鮮などおすすめの具材のランキング、そしてその作り方をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

スンドゥブにおすすめな具材は何?

韓国料理の定番とも言えるスンドゥブは、日本でも広く食べられています。

スープには、コチュジャン、唐辛子粉やごま油、そしてニンニクなどが使われています。

通常、具材を炒めた後にスープを入れて作る方が、味わい深いものが出来、本場韓国の作り方と言われています。

スンドゥブチゲのスープとなる素は、実はスーパーで購入できますので、時間が無い場合は、調味料を合わせる必要はありません

スープも大事ですが、具材にこだわりたいと思うかもしれませんよね。

スンドゥブ具材に必要不可なものであるランキング1位は、間違いなく豆腐です。

日本では絹豆腐を用いることが多いのですが、韓国ではおぼろ豆腐が使われることが多いです。

おぼろ豆腐は、とても柔らかく使用するスープの味が染み込みやすいと言われています。

そして、具材の定番としてランキングに入るのは、豚肉でしょう。

その他、もやしやえのき、ぶなしめじなどのきのこ類なども人気になります。

また、ネギやニラ、玉ねぎ、大根、ごぼうなどの野菜もスンドゥブの具材にはおすすめです。

そして白菜キムチをメインとして、スンドゥブ鍋に大量に入っていることも多いんです。

海鮮系の具材としては、貝類のアサリがおすすめランキングに入るでしょう。

海鮮では海老を入れても味わい深いスンドゥブチゲを作ることが出来ます。

海老を購入することが困難な場合、シーフードミックスを使ってみてはいかがでしょうか?

海老以外の海鮮も含まれていますし、皮を剥いたり切ったりする手間も省くことが出来ます。

【スポンサードリンク】

美味しくスンドゥブチゲを食べるにはどうすれば良い?

準備するもの

えのきやまいたけ、ぶなしめじなどのきのこ類、もやしキャベツなど歯ごたえを楽しめる野菜を多めに準備しましょう。

そしてつくねや貝類、白身魚などの具材も一緒に用意してくださいね。

豆腐ももちろん忘れることなく購入してください。

スンドゥブチゲの素をスープに使用しても構いません。

もしくは、スープの材料に酒100cc、水800cc、鶏がらスープの素大さじ1、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1を用意しても良いでしょう。

合わせ調味料には、コチジャン大さじ2、一味唐辛子小さじ1、ニンニク小さじ1、ごま油大さじ1を使用すると良いでしょう。

下準備

下準備として、貝類は砂抜きをしてください。

スンドゥブにいれる野菜は食べやすい大きさに切っておきましょう。

きのこ類は石づきからほぐしてくださいね。

肉や海鮮系の食材は、食べやすい大きさに切り、合わせ調味料と一緒に混ぜ合わせてください。

  • まず、鍋で焦げ付かないように注意しながら炒めましょう。
  • 炒め終わったら、貝類と酒を注いで混ぜ合わせてくださいね。
  • スープの材料を入れ、豆腐は手で大きめに割って鍋にいれます。
  • スープの水の量は、少し少なめでも大丈夫です。(この後に入れる野菜から水分が出るため、多めに入れてしまうと薄味のなる可能性があるからです。)
  • スープが沸騰したら弱火にし、残りの具材を入れてくださいね。ニラやネギをいれる場合は、最後に入れましょう。
  • シャキシャキとした歯ごたえが残るので、より美味しく食べることができます。
  • 食べる直前に生卵を割って鍋に入れれば、美味しいスンドゥブチゲの完成です。

まとめ

スンドゥブの具材のおすすめはご紹介したとおり、たくさんあります。

冷蔵庫に残ってしまった野菜を入れても美味しくできること間違いなしです。

野菜だけでなく海鮮を購入して合わせれば、少し豪華なスンドゥブチゲが簡単に楽しめますよね。

是非ご家庭でおいしいスンドゥブ料理をご堪能ください。
 
*「気になるスンドゥブのカロリー」はこちらの記事!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ