スンドゥブの食べ方【ご飯や卵でさらに美味しく!?】

あなたは、『スンドゥブ』はお好きですか?

スンドゥブは韓国語で豆腐を意味しますが、より美味しく食べたいですよね。

今回は、スンドゥブをご飯や卵を使って美味しく食べる食べ方についてお話ししていきます。

【スポンサードリンク】

スンドゥブの定番料理は何?

スンドゥブと聞けば、1番に思い浮かべる料理がスンドゥブチゲではないでしょうか?

スンドゥブチゲは、豆腐を使った鍋料理になります。

スンドゥブチゲには、豚肉や野菜、そして香辛料として唐辛子などが入っています。

スーパーでは、スンドゥブチゲの素が販売されていますので、そちらを具材と豆腐に合わせれば簡単に作ることが出来ます。

スンドゥブチゲが出来上がったら、まずひとくち食べてみましょう。

辛すぎる場合は、生卵を上にのせて、辛味をマイルドにしてみてくださいね。

そして茶碗に、お好きなだけご飯をよそってください。

そしてお好みの量に合わせて、スンドゥブチゲをかけて、ご飯と一緒に食べてみてください。

ご飯の甘味とスンドゥブチゲの辛味が絡み合って、とても美味しく食べることが出来ますよ。

韓国料理店に行った場合、多くの場合はご飯も、スンドゥブチゲ同様に鍋で炊かれたものが出されるでしょう。

鍋のご飯は少し減ってきたら、韓国の定番茶であるコーン茶を入れます。

鍋に残っているご飯のおこげが取れ始めたら、再度スンドゥブチゲをかけて食べると、また一味違った味わいのスンドゥブを楽しむことが出来ますよ。

スンドゥブにはどんな種類があるの?

スンドゥブチゲ料理の定番は、豚肉を入れることです。

本場では、豚肉以外にも様々な具材が入れられています。

例えば、海鮮スンドゥブや牡蠣ともやしスンドゥブといった海鮮系のスンドゥブがあります。

そして牛肉スンドゥブやハムとチーズスンドゥブといった肉系のものもおすすめです。

その他、餃子やキムチなどをいれる場合もありますよ。

決まっている具材があるわけではありませんので、お好きな食材をスンドゥブに入れてチゲとして食べてみると、美味しい発見があるかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

スンドゥブチゲの作り方はどうすれば良いの?

ご紹介したとおり、スンドゥブチゲの素は、スーパーなどで販売しているため、ご自宅で簡単にスンドゥブチゲを楽しむことが出来ます。

もちろん調味料を合わせて作ることも可能です。

調味料には、粉唐辛子大さじ1、ごま油小さじ1、ニンニク小さじ1、酒大さじ1を用意してください。

食材は、絹豆腐、豚こま肉、キムチ、アサリなどの貝類、長ネギ、大根などお好みでご用意してください。

各食材の量は、50g前後が目安となるでしょう。

豆腐は1丁用意してくださいね。

貝類などは塩水につけて塩抜きを事前に行ってください。

ネギは斜め切り、キムチはざく切り、そして大根などの野菜は短冊切りにしてください。

  • チゲ鍋があれば良いのですが、無ければ一人用小鍋に用意した調味料と豚肉、キムチを入れて火にかけましょう。
  • 火が通ったら、水1カップ強と大根を入れ、煮立ったら貝類と豆腐を追加してください。
  • 豆腐が赤く色づき始めたら、塩胡椒で味を整えましょう。
  • そして最後にネギと卵を入れてくださいね。
  • 卵が半熟になれば、ちょうど良い食べごろとなります。

スンドゥブチゲは、食材に多くの栄養素が含まれているため、脂肪燃焼効果や食欲増進、体温が上がる効果など、ダイエット中や冬にはもってこいの食べ物ですね。

まとめ

スンドゥブの美味しい食べ方は、ご飯と卵を合わせて食べる方法だということが分かりましたね。

可能であれば、ご飯もお鍋で炊けば、より本場の味に近づけることが出来ますよ。

そして食材はスーパーでお求めやすいものを選べば、家計にも嬉しい食事の出来上がりですね。

ぜひご自宅でスンドゥブを作って美味しく召し上がってください。
 
*「スンドゥブ、チゲとの違いやカロリー・糖質について」は、こちら!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ