創味シャンタンとウェイパーの違いは?どっちが美味しいの?

あなたは、ご自宅で中華料理を作ることがよくありますか?

中華料理を作る機会にシャンタンウェイパーという言葉を聞いたことはありませんか。

今回は創味シャンタン、そしてウェイパーの違いについてお話していきます。

また、どっちの調味料が美味しいのか、という点についてもお伝えしていきますね!

【スポンサードリンク】

創味シャンタンとはどんなもの?

シャンタンはアクを取り除いた中華料理に出される高級スープの事を指します。

そして創味シャンタンは中華料理を作る上でベースとなる調味料として使用されている調味料なんです。

清湯スープの中に油脂や玉ねぎ、ニンニク、そして20種類近いスパイスが加えられた中華スープの素が「創味シャンタン」として販売されています。

ペースト状の調味料はもちろんですが、使用しやすいように粉末タイプも最近では販売されています。

どっちの創味シャンタンも味に違いはありませんので、調理時に使用しやすいものを選んでみてくださいね。

創味シャンタンを使う機会は、ラーメンスープを作る時などがあります。

創味シャンタンと醤油を混ぜて本格的スープを作ってみるのも、とてもオススメです。

その他、ご飯と具材に創味シャンタンを追加すれば、美味しい炒飯を作ることも出来ます。

また、中華スープや八宝菜を作る時にも使用すれば、より味わいある料理が出来ますね。

ウェイパーとはどんなもの?

ウェイパーは、創味シャンタンと同様に中華スープの素になります。

日本で見かける固形のコンソメスープの素と考えると分かりやすいかもしれませんね。

コンソメスープの素を使うと洋風の料理が、ウェイパーを使うと中華風の料理が出来ると理解すれば、料理を作る時の参考になりますね。

合成調味料として使われており、より簡単に中華料理を自宅で楽しむことができるんです。

半練りタイプで販売されているウェイパーは、日本人にも使いやすいため、スープや炒め物にも使用される機会が多いと言われています。

【スポンサードリンク】

創味シャンタンとウェイパーの違いは何?どっちが美味しいの?

シャンタンは、旨味成分が鶏の出汁でできています。

一方ウェイパーは合成調味料のため、旨味成分として鶏ガラや豚ガラなど様々なものから取っています。

その他、野菜のエキスや動物性油脂、砂糖、スパイスなども含まれているんですよ。

またシャンタンスープの素は、複数のメーカーが販売していますが、ウェイパーは商品名となっています。

2015年3月までウェイパーを製造販売していた会社が、契約の打ち切りにより別会社で製造するようになりました。

結果、ウェイパーの味が変わってしまったという事実があります。

以前のウェイパーの味を引き継いで製造されている物が、創味シャンタンDXという名前の調味料なのです。

どっちが美味しいのかという判断は、個人の好みになるかと思います。

もし以前からウェイパーを使っていたご家庭で同じ味を希望する場合は、創味シャンタンを購入してみてはいかがでしょうか?

2015年4月から製造販売しているウェイパーは、日本の会社が販売しているものです。

今までの味の違いを確かめるために購入しても良いかもしれませんね。

創味シャンタン同様に、ウェイパーを使って野菜炒めや炒飯などを作って楽しむことが出来ます。

まとめ

創味シャンタンやウェイパーを使えば、中華料理を簡単に作ることが出来ます。

炒め物やスープ、炒飯など代表的な中華料理を作る時に、美味しいベースの味を再現できるということですね。

ウェイパーを愛用していた方は、創味シャンタンDXを購入すれば、同じ味を楽しむ事が出来るので安心して使ってみてくださいね。

新しくウェイパーとして販売されている半練り状の合成調味料も試してみると、味の違いを感じることが出来るかもしれませんよ^^
 
*「ウェイパーの代用は鶏ガラでOK?」については、こちらの記事!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ