切迫早産入院費用【個人病院・総合病院でいくら?】保険適応される?

shutterstock_140177479

「切迫早産と診断されて自宅安静になっているけれど、このままじゃ入院になってしまうかも・・・。」

「もし入院することになったら、入院費用ってどのくらい?」

「お産予定の病院は個人病院だけど、総合病院の方が安いのかな?」

今この記事を読んでいる方のほとんどが、きっと切迫早産、もしくはその疑いのある方ではないでしょうか?

そうなると気になってしまうのが入院費用。

もし、個人病院でお産する予定だったとしても、症状によっては総合病院に移らなければならなくなる人も。

私も切迫早産で入院した経験があるので、今回は個人病院・総合病院のそれぞれの入院費用はいくらか、そもそも保険は適応されるのか、などについてまとめてみました!

【スポンサードリンク】

切迫早産の入院費用の相場

f2_top

入院費用の相場は、1日約1万円です。

差額ベッド代や保険の効かない検査などにより前後します。

特に、差額ベッド代は病院によって設定している金額は様々です。

できるだけ入院費用を抑えたい方は個室は避けて、大部屋を選んでください。

個室代は、平均で1日約5千円ほど請求されます。

個人病院となると、もっと高くなる場合もあるので気をつけてください。

個人病院の入院費用はいくら?

hospital_img_01

個人病院といえば豪華なイメージがありませんか?

エステやコース料理があるなんて耳にしますが、やはり入院費用もそれなりにするみたいです。

個人病院は出産費用が出産一時金ではまかなえないケースが多いのではないでしょうか?

私は公立病院で出産しましたが、出産費用は出産一時金(約40万円)でギリギリでした。

もちろん、エステなんかありませんし、質素な病院食です。

それでも約40万円かかってしまうと考えたら、個人病院はもっと高いことが予想されます。

現に個人病院で出産した私の友人は、50〜60万円程度と言っていました。

出産しただけで、その額というのは正直驚きです。

もちろん全額実費ではなく、出産一時金を引いて10~20万が自腹ということになりますが。

そのような病院で切迫早産で入院するとしたら、やはり1ヶ月約40万前後が相場のようです。

さらに高額な場合も、もちろんあります。

個人病院の中には安いところもあると思いますが、全室差額ベッド代がかかるという個人病院もあります。

それが、高額になる原因でもあります。

大部屋はあるのか、全室個室なのか、選ぶ余地はあるのかなど、事前に調べておく必要があります。

もし、すでに入院している方でこんな額払えそうにないという場合は、提携先の大きな病院に転院を希望することもできますよ。

【スポンサードリンク】

総合病院の入院費用はいくら?

large

前述したように、私は切迫早産で入院した経験があります。

お産予定の病院が公立の大きな総合病院だったため、切迫早産の時も、そこで入院することになりました。

月をまたいで約1ヶ月入院したのですが、初月が10日で約9万、翌月が24日で約18万円の請求がきました。

34日間で約27万円ということは、やはり公立の総合病院なだけあるのか相場よりも安いですね。

最初の月は検査などもあり、多めに費用がかかることが多いようですが、総合病院で入院した場合は、1ヶ月約30万円が相場です。

ここでは、あくまで個室ではなく大部屋での入院を想定していますので、個室を希望すると多少高額になる可能性があります。

もちろん、総合病院なら大部屋は必ずありますし、自分から個室を希望する以外に、差額ベッド代を請求されることはありませんので安心です。

切迫早産は保険適応される?

406180dd5de9414fc9811cd461aff0624f336f09_l

切迫早産もれっきとした病気です。

切迫早産になりやすい体質の人もいますし、胎児の命に関わる重大なトラブルですので、もちろん保険が効きます。

ただ、保険が効いたとしても上記のような医療費がかかってしまうのです。

そのために、高額療養費制度というものがあり、所得によって一定の額しか負担しなくてよくなるのです。

それ以外にも、万が一、そのままお産になってしまった場合には出産一時金もあります。

その他、自治体による助成金がある場合もあるので、自治体にそのような制度があるか確認してみるといいですよ。

ここに書いてある金額が、必ずしも全額自己負担になるのではないので安心してください。

また、金額設定は病院によって異なりますので、詳細な医療費に関しましては直接病院に問い合わせることをお勧めします。

最後に

2053e838786d7bda436418b33fdc63ac1

症状によっては、やむを得ず転院ということもあると思います。

NICUがある大きな病院ではそういうケースも多いです。

自宅から近い馴染みの個人病院で入院したかった!という方もいらっしゃるかとは思いますが、設備が整った大きな病院では、万が一の時にお子さんの命を救える可能性もあるので、転院を勧められた際には従ったほうがいいでしょう。

個人病院より入院費用が安く済むのも嬉しいですしね^^

エステや高級フレンチコースも味わってみたくないといえばウソになりますが、やはり安いに越したことはない!・・・と私は思います。

今回、ここでまとめておきたい点があります。

  • 切迫早産でも保険は適応される
  • 個人病院より総合病院のほうが入院費用が安い
  • 入院費用を抑えたい場合は大部屋
  • 自治体の助成金・高額療養費制度を活用する

いかがでしたでしょうか?

費用面に関して言うと総合病院のほうが安いという話になりますが、中には個人病院でも安いところもあるようです。

すべての個人病院がエステやフルコース付きというわけではありませんので、病院に問い合わせて相場より安いか比較してみてくださいね!
 
 
✳︎「切迫早産の原因」については、こちらのページ!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ