ポンデケージョ【糖質・カロリー】コストコで大人気のパンとは?

あなたは、ポンデケージョをご存知ですか?

ポンデケージョとは、もちもちした食感が特徴のチーズ味の一口パンです。

1つ1つが一口サイズと小さいながら、たっぷり入ったチーズと濃厚な味わいから、ワインのおつまみにもなります。

最近、とても人気を博してきている「ポンデケージョ」について、知っててお得な情報を分かりやすく説明していきます。

【スポンサードリンク】

コストコの隠れた名品ポンデケージョ!その気になる糖質、カロリーは?

ポンデケージョはパンですが、コストコでの陳列されている場所は冷凍庫。

オーブンで温めると、中のチーズがとろりと溶けてとっても美味しいコストコの隠れた名品です。

ポンデケージョが「隠れた名品」と呼ばれるのは、陳列されている場所が冷凍庫であることと、1つ1つが小さいので、お得なイメージの強いコストコの中で、ややコスパが高いと感じることが理由のようです。

チーズたっぷり、ワインのおつまみにもなるポンデケージョですが、意外にもカロリーは低め。

1つが30グラム未満と小さめなことが幸いしてか、濃厚な味わいなのに低カロリーとは嬉しいですね。

また、チーズがたっぷり入っていることから、普通のパンに比べて糖質が少ないというメリットも。

コストコにはポンデケージョ以外の食材も豊富なことから、カロリーや糖質を制限したダイエットのための食材が揃っていますので、ダイエットを考えている人にとって、コストコは食材の宝庫といえそうです。

ポンデケージョと組み合わせるコストコ食材

ポンデケージョは一般的に丸型で1個24.5グラムの場合、約77キロカロリーのようです。

コストコのポンデケージョは丸型で1つ30グラムなので、単純に計算すると約94キロカロリーになります。

糖質ゼロのベーコンや各種の野菜がコストコで手に入るので、ポンデケージョを2つに糖質ゼロのベーコン、たっぷりの野菜サラダやスープなど、慌ただしい朝に嬉しい簡単カロリー&糖質オフメニューができそうです。

また、コストコには糖質制限に向いている鶏の胸肉やラム肉、魚介類やミックスナッツ(塩分無し)なども豊富に揃っているので、ランチやがっつり食べたい夕食にも、手軽に使える食材がいっぱい。

ポンデケージョにたくさん入っているチーズも糖質の低い食材なので、今日はちょっとご褒美なんて日には、ポンデケージョとカルパッチョをおつまみにちょっとお酒を楽しむ、なんてこともできそうです。

カロリーが気になるなら、ポンデケージョを2つに切ったりして、パンとしてではなく、チーズをまとったおつまみとしてゆっくり味わうと、濃厚さが満足度をアップさせてくれます。

【スポンサードリンク】

ポンデケージョを取り入れて手軽なダイエットを楽しもう

ポンデケージョとは、ブラジルの公用語であるポルトガル語で、英語にすると「チーズパン」。

ブラジルのミナス・ジェライス州で作られて世界中に広まったパンだといわれています。

ポンデケージョは、そんなミナス・ジェライス州が発祥なので、たっぷりチーズの味わい深いパンができたのかもしれません。

ポンデケージョは、1つ1つが小さいので食べやすく、特にコストコにあるものは解凍して、あとはオーブンで温めるだけという手軽さなので、面倒な手間がいりません。

また、ポンデケージョばかりを食べてしまうとカロリーも糖質も摂り過ぎになってしまいますが、ダイエットで大切なのはバランス。

どんなものでも偏って食べ過ぎるのはよくありません。

コストコでは、袋から取り出してすぐにグリルできる冷凍の鶏肉や、冷凍のミックスベジタブルなども豊富に揃っていますので、バリエーション豊かな食事を簡単に用意することができます。

コストコのポンデケージョも冷凍なので、日持ちがしますし、なにより食べたい分だけを解凍するようにすれば、食べ過ぎを防ぎ、暴食を抑えることもできるので、計画的なダイエットが実現しやすくなります。

ダイエットを制限ばかりで辛いものではなく、手軽で簡単、美味しいものへ変えることができます。

コストコとポンデケージョを上手に活用して、美味しいダイエットを始めてみませんか?
 
 
✳︎美肌にも効果ありの「チャイティー」については、こちらのページ
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ