ポケモンGO配信日延期【日本公式オープンはいつ?】

一部のメディアでは、任天堂の公式アプリ『ポケモンGO』の配信日が本日7月20日なのでは?と予想されていましたが、どうやら日本での公式発表は少し延期になったようです。

というのも、日本での公式発表にあたっての騒ぎがとても加熱しており、サーバー等に過大な負荷がかかることを懸念しての延期のようです。

いつに発表になるかはまだ未定ですが、今回はそんなポケモンGOについて詳細に書いてみました。

【スポンサードリンク】

ポケモンGOとは?

7月11日の東京株式市場で任天堂株が一時24.5%も上昇しました。

その理由が、すでにご存知の方もいるかもしれませんが、

『ポケモンGO』

です。

これはスマホ向けゲームなのですが、先程の株価の数値が示すように、投資家たちの熱い視線が注がれています。

このゲームは、プレーヤーが現実世界を歩き回ることで拡張現実のキャラクターを発見します。

先んじてアメリカでは発表されていましたが、米国市場では既にメガヒットを記録しているようです。

その結果、わずか2日間という短さで任天堂の時価総額が約7700億円も増えたとのこと。

とてつもない勢いですね。

【スポンサードリンク】

ポケモンGOの真価

しかし、このアプリの真価が問われるのは、日本市場を制するかどうかにかかっていると、専門家は話しているようです。

というのも、世界におけるスマホゲームの市場規模は昨年300億ドル(約3兆円)に達し、なかでも日本は世界全体の約40%と極めて重要な位置を占めているからです。

そのため、スマホゲーム業界にとっては、日本人ユーザーの心をつかめるかどうかが成功のカギを握っていると言えるそうです。

とはいえ、米国市場の反応を見る限りでは、ポケモンGOが日本でウケないということは想像しがたいですよね。

なぜなら、このポケモンGOのアプリは、ほぼ一晩でiTunesストアのダウンロードランキング1位に急上昇し、しかも1日当たりのアプリ利用者は、なんとtwitterの利用者数を抜くほどの数とのこと。

ほんとスゴい勢いです。。

ですが、それでも日本市場での成功を保証するものではありません。

このゲームは、ユーザーを現実世界で遊ばせるという、極めて新しいコンセプトを持っているため、個人的にはきっと日本でも上手くいく気がしますが、今後の動向が楽しみですよね。

日本での長い通勤時間に利用するユーザーが、このポケモンGOを利用することによって大きな良い変化が起きてほしいものです。

そして、任天堂がモバイル市場でも成功できるというキッカケにもなりそうですね。

ちなみに、一部のアナリストは、このアプリにより任天堂の利益が最大で30%増えると予想しています。

そして同社には、他にもスーパーマリオやドンキーコングといった人気キャラクターも控えているので、今後のアプリにも期待ですね。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ