パーソナルスペース脈ありの距離【男性/女性】狭い?広い?好意あり?

72f438e5decf4a6857209a61e78820fd_s
『パーソナルスペース』という言葉をご存知ですか?

よく知らないけれど言葉だけは聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか?

パーソナルスペースとは、パーソン(person)のスペース、つまり人が人との間に取ろうとする空間や距離のことをいいます。

パーソナルスペースについて知っておくと、人間関係や恋愛にも役立つといわれています。

今回は、そんなパーソナルスペースについて、思わず試してみたくなるような内容をご紹介します。

【スポンサードリンク】

パーソナルスペースでわかる?脈ありの距離と男性・女性の違い!狭いか広いかで好意度も?

パーソナルスペースは、狭い人と広い人がいます。

一般的にパーソナルスペースを広く取ろうとする人は、自分に踏み込んで欲しくないといった心理や自分を大きく見せたいという心理の表れだといわれています。

男性でも女性でも、そこに変わりはありませんが若干の違いはあります。

男性がパーソナルスペースを楕円形に考えるのに対し、女性は円形に考えるといわれています。

好意を持っている相手になら、そのパーソナルスペースへの侵入を許すけれど、そうでない人には踏み込ませようとはしません。

それはパーソナルスペースが広いか狭いかに関係なく、パーソナルスペースに踏み込めたなら、相手は少なからず自分に好意を持っていると考えても大丈夫です。

脈あり!とすぐに結論を出すのは早計ですが、一定の許容はしてもらえている、と判断はできます。

また、パーソナルスペースは相手によって狭い広いが変わるので、もともと相手が自分に対して広いパーソナルスペースを取っていた(距離を取っていた)場合、ちょっと近づけたからといって、すぐに脈ありとはなりません。

また、相手が自分に対して好意的なときは、相手のパーソナルスペースが狭くなることもあります。

これは男性でも女性でも、好きな人に近づきたい、近づいて欲しいという気持ち、つまり、踏み込んで欲しいという気持ちが踏み込んで欲しくない空間を狭くしたともいえます。

反対に、相手のパーソナルスペースがいつもより広いと感じたら、それは好意がないという意味でなくても、何かがあって、踏み込んで欲しくないときだといえます。

脈ありだとしても、その日の体調や環境によってパーソナルスペースは変化します。

自分自身のことを思い返してみても、今日は誰も近くに来て欲しくないと思った日があるはず。

それはあなただけの特別なことではありません。

誰かに近づくときは、相手の状態を思いやりましょう。

【スポンサードリンク】

パーソナルスペースにずかずか入ると嫌われる?

男性女性を問わずに「やけに近づいてくる人」がいます。

もし自分に「近い」と言われた経験があるなら、ちょっと改めたほうが良さそうです。

なぜなら、人には、踏み込んで欲しくないパーソナルスペースに踏み込んできた相手に対し「侵入者」として嫌う傾向があるからです。

パーソナルスペースは、「密接距離」「個体距離」「社会距離」「公共距離」と呼ばれる4つに大別されていますが、この距離感はとても大切。

例えば「密接距離」は、その名前からもわかるように密接した距離感のことをいいます。

簡単にいえば、密接してもいい人に許した距離のこと。

恋人や家族など、手を握ったり抱きしめたりといったことが許容される距離です。

もちろん、関係性によってはそれらのことを嫌がる人は男性女性を問わずにいますが、一番嫌われるのが、この距離の中にいきなり踏み込んでくる人です。

親しくもないのにいきなり髪に触る、手を握るといった行為は、パーソナルスペースにいきなり侵入し相手を脅かす行為としてとらえられてしまいます。

相手に対してパーソナルスペースが狭いからといって、そうしたことをしてしまうと、相手があなたに対して取るパーソナルスペースはどんどん広がっていってしまうので、気を付けましょう。

それは恋愛だけでなく、仕事での人間関係や公共の場でのマナーにも言えることです。

一般的に、内向的な人はパーソナルスペースが広く、開放的な人はパーソナルスペースが狭いといわれます。

自分を基準にせず、相手はどうなのか?というイメージを持って、円滑な人間関係を築いていけるといいですね。
 
 
✳︎恋愛やビジネスでも注目の心理学「プラシーボ効果」については、こちらのページ
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ