おひなまき【デメリットや危険はあるの?】新生児を持つママさんへ

あなたも、新生児をおくるみでしっかりくるんでおくとよく寝てくれるという話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

赤ちゃんをきつくまんまるに包むくるみかたの一つに、おひなまきという方法があります。

新生児を子宮内と同じようにまんまるの姿勢に保つことで、 赤ちゃんが落ち着いてぐっすり寝てくれる効果があると言われています。
→「おひなまきの効果がいつまであるのか」は、こちらのページです。

しかし、おひなまきをしていると、なかには赤ちゃんが窮屈じゃないのかと心配するという声を聞くことがあります。

新生児をしっかりと包んでしまうことでデメリットや危険性はないのでしょうか?

メリットが強調されるおひなまきですが、ここではデメリットや危険性がないのかどうかを考えていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

おひなまきのデメリットと危険性

おひなまきは基本的には赤ちゃんにとって有益なものです。

どうしたら赤ちゃんがもっと寝てくれるのかというのは、世界中のお母さんの共通の悩みであり、この悩みを解消するのにもっとも有効な方法の一つがおひなまきであると言えます。

また、赤ちゃんがぐっすり眠ることで、免疫力が高くなったり、身体的な成長が促されると考えられています。

しかし、体温調節機能が未熟な新生児を布で巻くので、赤ちゃんが暑くなりすぎないように気をつける必要があります。

おひなまき自体にはSIDS(新生児突然死症候群)を予防する効果があると 言う人もいるのですが、 逆に赤ちゃんを温めすぎると、 SIDS(新生児突然死症候群)のリスクを上げてしまうとも考えられています。

SIDSの原因はまだはっきりとはわかっていませんが、近年、赤ちゃんが深く眠りすぎてしまうことが原因ではないかと考えられるようになってきました。

深く眠りすぎてしまう要因として、 両親の喫煙や母乳育児の有無など、 SIDSのリスクと関わりのあるいくつかの事柄が知られていて、 赤ちゃんの温めすぎもリスク要因として数えられているのです。

また、SIDSだけでなく熱中症などの危険性もありますので、おひなまきをする際には赤ちゃんの体温上昇に気をくばる必要があると言えます。

どうしたらデメリットや危険性をなくせるのか?

それでは、どうすれば赤ちゃんの温めすぎを防いで、安全におひなまきができるのでしょうか。

まずは、室温と湿度に気を配ることが大切です。

あかちゃんを寝かせる部屋には温度計と湿度計を用意します。

暑すぎたり湿度が高すぎるようなら、エアコンを利用して快適に過ごせるようにしましょう。
→「おひなまき/夏の暑いシーズンを迎える前に」は、こちらのページです。

また、おひなまきに使うおくるみの素材の選択も重要です。

【スポンサードリンク】

おひなまきにオススメのおくるみ

おひなまきにオススメのおくるみは、メッシュ素材やガーゼ素材のように目が粗く、 風通しが良いもの、伸縮性があって 赤ちゃんを包みやすく結びやすいものです。

おひなまきを推奨している青葉(トコちゃんベルトを販売している会社です)でも、メッシュ素材のおくるみをおすすめしています。

まとめ

ここまで、おひなまきのデメリットと、その回避法を考えてきました。

赤ちゃんの温めすぎというデメリットを克服できれば、おひなまきは新生児期の育児にとても役に立ちます。

ぜひ、あなたもおひなまきを新生児育児に活用してみてくださいね。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ