ナシゴレンとはどんな味?ガパオライスと何が違う?辛いの?

あなたは『ナシゴレン』はお好きですか?

東南アジア諸国に旅に出かけた時や、アジア料理を食べたくなった時に出てくるナシゴレン。

初めての方はどんな味がするのだろう?辛いのだろうか?と思いますよね。

よく名前を聞くガパオライスとの違いが分からないという場合もありますよね。

ということで、今回はナシゴレンとはどんな味なのかについてをご紹介していきます。

また、ガパオライスと何が違うかについてもお話ししていきますね。

【スポンサードリンク】

ナシゴレンとはどんな料理?

ナシゴレンは、インドネシアなどのマレー系の食卓に並ぶ料理です。

インドネシア語で鉄板で炒めるという意味合いがあります。

ナシとはご飯のことで、ゴレンは炒めるという意味です。

日本の料理で言えば、炒飯に近いメニューでしょう。

ただし日本の炒飯とは違って、ナシゴレンは様々な香辛料を加えます。

例えば、ニンニクや玉ねぎ、唐辛子、そして鶏肉などです。

そして本場のナシゴレンに使われるソースにサンバルソースがあります。

サンバルソースは、唐辛子とニンニクをたたいたり、ミキサーでペースト状にしたものです。

多くのマレー料理に使用される調味料なんですよ。

サンバルソースとケチャップを使ってナシゴレンは作られることが多いでしょう。

ナシゴレンの味はどんな味?辛いの?

ナシゴレンと言っても作られる地域によって味が異なってきます

マレー系、中華系、またインド系など様々な場所で作られています。

マレーシアで作られるナシゴレンは、比較的あっさりした味付けになっています。

インドネシアのナシゴレンは、辛さが効いていることが多いでしょう。

日本の食卓に並ぶナシゴレンは、ナンプラーやケチャップ、スイートチリソースを混ぜた調味料で作るので、他のナシゴレンと違い甘味があります。

自宅でナシゴレンを作る場合は、ご紹介した調味料で作ることはもちろん可能です。

自宅で簡単にナシゴレンを作る方法

ナシゴレンを簡単に作るには、砂糖大さじ1、ナンプラー大さじ2、レモン汁大さじ1、塩胡椒でも味付けとしては十分です。

具材には、鶏もも肉、人参、玉ねぎ、豆板醤を用意してくださいね。

具材を切ったら、全てを炒め、その後ごはんを加え、調味料も一緒に混ぜ合わせば出来上がりです。

自宅で簡単にナシゴレンを作ることが出来ますね。

具材は、ご紹介した物以外に目玉焼きをつけることがポイントです。

サンバルソースは辛い事が多いため、目玉焼きがあることで辛さを和らげることができますね。

またクルップというエビせんが付け合せに出て来ることが多いです。

日本のエビせんよりもふわっとした柔らかく、また優しい歯ごたえが楽しめます。

ナシゴレンがより味わい深い料理に変わるでしょう。

【スポンサードリンク】

ナシゴレンとガパオライスは違うの?何が異なるの?

アジア圏では様々なエスニック料理が提供されています。

見た目もよく似ているので、違いが分からないまま食べていることが多いかもしれませんよね。

ナシゴレンとよく間違えられる料理にガパオライスがあります。

ガパオライスは、タイの定番料理と言われています。

みじん切りした鶏肉や豚肉、また牛肉などを甘辛の調味料で炒めます。

炒める時にはバジルが必要不可欠です。

本場タイでは、香り高くスパイスが効いているホーリーバジルが使われることが多いです。

このホーリーバジルがガパオという意味を持っているため、ガパオライスと呼ばれています。

ガパオライスも辛さがポイントの料理ですので、目玉焼きが上にのっていることが多いです。

まとめ

ナシゴレンは、様々なアジア諸国で作られている焼き飯であることが分かりましたね。

辛い物が苦手という方でも調味料に甘みを加えれば、食べやすくなりますよ。

味付けも地域によって異なるので、様々な調味料を加えて、ご自身の好みのナシゴレンを作ってみることも良いでしょう。
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ