生蜂蜜【効能や食べ方!国産で非加熱のものも売ってるの?】

あなたは蜂蜜はお好きでしょうか?

また、蜂蜜の中でも『生蜂蜜』を食べたことがありますか?

生蜂蜜は、一般的にとても身体に良いと言われています。

ということで、今回は生蜂蜜の効能や食べ方についてお話していきます。

また、国産の生蜂蜜は非加熱で売っているのかについてもご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

生蜂蜜にはどんな効能があるの?

生蜂蜜とは、加熱処理がされていない天然の蜂蜜のことを指します。

通常、蜂が完熟した蜂蜜を作るまでには、とても長い時間がかかります。

そのため、スーパーなど市販で売っているものは、人工的に加熱処理を行っています。

一方、生蜂蜜は非加熱処理のため、酵素やビタミン、そしてミネラル類が豊富に詰まっているんです

具体的には、熱に弱いビタミン、ミネラル、フラボノイド、酵素などは熱加熱により破壊されることが多いですが、非加熱処理の生蜂蜜には豊富に含まれています。

ご紹介した栄養素には、新陳代謝や免疫力の向上、保湿効果、殺菌効果などがあり、身体にとって健康的です。

また生蜂蜜には、酵素や乳酸菌が含まれています。

酵素や乳酸菌は、生野菜やヨーグルト、納豆などの健康食品にも含まれていることをご存じの方も多いかもしれません。

酵素や乳酸菌は、吸収した栄養の吸収率を上げてくれます。

そして抗菌、殺菌作用があり、腸内環境を整える効果もあるんですよ。

腸内環境を整えるためのグルコン酸、オリゴ酸、乳酸菌が生蜂蜜には多く含まれています。

具体的には、生蜂蜜を摂取することで、口内炎を治してくれたり、便秘解消効果もあります。

その他、アレルギーを改善、がん予防、美肌効果、貧血予防、老化予防、二日酔い防止など身体にとって良い効果や効能が沢山あります。

例えば、美肌効果に一役買っているのは、ビタミンB群です。

ビタミンB群は、肌の代謝をあげてくれるので、古い角質がおち、新しい細胞に生まれ変わるまでのサイクルを早めてくれるんです。

【スポンサードリンク】

生蜂蜜はどれくらいの量をどうやって食べるのが良いの?

生蜂蜜のカロリーは100g当たり290kcalほどと言われています。

市販の蜂蜜は、水飴やブドウ糖が含まれており、生蜂蜜よりもカロリーがやや高く330kcalとなっています。

生蜂蜜は、蜂蜜本来の味を楽しむことができます。

そのためとても優しい味わいで、ついつい食べすぎてしまうかもしれませんので、気をつけてくださいね。

1日の目安は、ティースプーンに1~2杯程度を1日3回と覚えておきましょう。

ティースプーンにすくって生蜂蜜を食べるのはもちろん良いでしょう。

ただ、毎日同じ食べ方ですと飽きてしまうかもしれませんよね。

そんな時は、生蜂蜜をヨーグルトや食パンにかけて食べてはいかがでしょうか?

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますが、生蜂蜜を追加することでさらに胃腸を整え、新陳代謝を高めてくれますよ。

また、食パンにかけることで、生蜂蜜に含まれているブドウ糖と食パンの炭水化物が身体に沢山のエネルギーを与えてくれます。

その他、生蜂蜜を野菜ジュースに混ぜたり、ドレッシングに混ぜたりしても良いでしょう。

国産の生蜂蜜は売っているの?

スーパーではなかなか購入することの出来ない生蜂蜜ですが、養蜂業者や蜂蜜専門店があれば、非加熱の生蜂蜜を購入することが出来ますよ。

直接、養蜂業者から買うことが出来れば、生蜂蜜を販売している人の顔が見えるので安心感がありますね。

インターネットなどに頼っても良いのですが、本当に生蜂蜜なのか、という疑問が残る場合もあります。

信頼できるインターネット会社であれば国産の生蜂蜜はもちろんですが、外国産の生蜂蜜を買うことも出来ます。

もし不安が残る場合は、値段は通常のものよりも高いかもしれませんが、購入時は国産のものを選んだほうが良いかもしれませんね。

まとめ

生蜂蜜は身体にとても良い効果が期待できることが分かりましたね。

スーパーなどで手軽に購入することが出来ませんが、ネットや養蜂業者などから直接購入して、少しずつ食べてみてください。

生蜂蜜を食べる習慣を身につければ、きっと心身共に健康になれるでしょう。
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ