無限ピーマン【ささみやツナとコラボしたSNS話題の常備菜!】

27ca716434898d28cf169d30124ef1a6_s

あなたは無限ピーマンをご存知ですか?

無限ピーマンは鶏のささみやツナを使用した料理で、Twitterにレシピが投稿されたのが始まりです。

文字通り、無限に食べられるほどおいしいとSNS上で拡散されている他、料理サイトにレシピが多数投稿されるなど話題になっています。

また、手軽に作れて日持ちもすることから、常備菜としても人気です。

苦手な人も多いピーマンをささみやツナと一緒においしく食べられて、主婦の味方である常備菜にもなってくれる無限ピーマン。

今回はこの無限ピーマンについてご紹介していきます!

【スポンサードリンク】

無限ピーマンの作り方

SNSで話題になるにつれて、アレンジレシピも多数登場している無限ピーマンですが、まずは基本的な作り方を押さえておきましょう。

材料はこちらの5点。

  • ピーマン
  • ツナ缶
  • 顆粒中華ダシ
  • 塩コショウ
  • ごま油

スーパーやコンビニなど何処でも売っているものばかりなので、簡単に揃えることができます。

分量はお好みですが、一食分にはピーマンを3~4個使用する場合が多いですね。

それでは作り方の手順を見ていきましょう。

1.ピーマンをカット

まずはピーマンを細切りにしていきます。

このとき、ピーマンを縦方向ではなく、横方向に切ることが推奨されています。

2.ツナと和える

耐熱容器にピーマンの細切りを入れて、そこにオイルを切ったツナ缶を加えて和えます。

ツナ缶のオイルを切らないと、魚の臭みが残るので注意です。

また、材料としてごま油も使用するので、ツナ缶のオイルが残り過ぎているとかなりオイリーになってしまう可能性があります。

3.味付け

和えたピーマンとツナに、顆粒中華ダシ・塩コショウ・ごま油を加えてさらに和えます。

メインの味付けは中華ダシで、塩コショウは味を整える程度の少量でOKです。

ごま油は風味付けなのでお好みでどうぞ。

また、先にピーマンとツナを和えず、全ての材料を一気に混ぜ合わせても問題ありません。

4.加熱

容器にラップをかけ、600wの電子レンジで2分~3分加熱します。

加熱が終了したらラップを取り外し、もう一度軽く和える。

これで出来たて熱々はもちろん、冷めてもおいしい無限ピーマンの完成です。

ピーマンはしんなりとしていて柔らかく、苦味もかなり抑えられるので、ピーマンが苦手な人や子供でも食べやすくなっています。

コンロやオーブンは一切使っておらず、材料も少ないので、手軽で時間がかからないのも嬉しいレシピですね。

【スポンサードリンク】

ささみがGood!ツナ以外でもOK!

ツナの代わりに、鶏のささみを使った無限ピーマンもおいしいと評判です。

レシピは基本とほぼ変わりがなく、茹でたささみを一口大に裂いて、ツナの代わりに使用するだけです。

ささみに火を通す一手間が加わりますが、ツナ缶よりヘルシーでさっぱりとした仕上がりになります。

上記のように、ツナをささみに置き換える他、味付けの中華ダシを麺つゆや鶏ガラスープの素、ウェイパーに置き換えるなどのアレンジもまた、SNS上で続々誕生しています。

また使用するピーマンの半分を赤ピーマンやパプリカに変えると、彩りが良くなり、見た目も華やかになりますよ。

無限ピーマンは常備菜としても人気

無限ピーマンは味だけでなく日持ちもいいため、常備菜としても非常に人気になっています。

時期などにもよりますが、要冷蔵で4日程度、冷凍なら1週間程度は保存できるとの声が多いです。

時間が経つと多少色が悪くなることもありますが、火を通してありますし、油で和えてもいるので1日2日ですぐ駄目になってしまうということはありません。

また、調理してすぐに食べるよりも、一晩寝かせた方が味がよく染みておいしくなるというのも常備菜として人気となった大きな理由です。

まとめ

話題の無限ピーマンについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

しっかりと料理をする時間が取れるのが望ましいですが、何かと忙しい生活の中で、少しでも時間は節約したいものですよね。

そんなときに、手軽に作れて味もばっちりな無限ピーマンは私達の強い味方になってくれます。

安価な材料ばかりなので、お財布に優しいのも嬉しいところです。

あなたもぜひ、無限ピーマンやそのアレンジに挑戦してみてくださいね。

✳︎「おいしいチャイティーの作り方」については、こちらの記事!

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ