ミーゴレンとは?味やカロリーは?具材のオススメは?

あなたは『ミーゴレン』という名前の料理を聞いたことはありますか?

アジア料理がお好きな方は召し上がったことがあるかもしれませんが、あまりイメージが沸かないという方も多いはず。

今回は、ミーゴレンとはどんな味なのか、どれくらいのカロリーがあるのかをご紹介し、またどのような具材が入っているのかもお伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

ミーゴレンとはどんなもの?

ミーゴレンはインドネシアのバリの地元料理として有名な料理です。

焼き飯として有名なナシゴレンは耳にされた事が多いかと思います。

焼きそばとして有名な料理がミーゴレンと言われています。

インドネシアだけではなく、東南アジア圏のマレーシアやシンガポールなどで提供されています。

ミーゴレンに含まれるトッピングの具材によっては名前が、ミーゴレンアヤムやミーゴレンウダンなどと呼ばれることもあります。

ミーゴレンの味はどんな物?カロリーはどれくらい?

ミーゴレンに含まれているのはケチャップマニスとサンバルという調味料になります。

ケチャップマニスは甘いソースという意味になります。

サンバルは辛み調味料です。

本場ではこのような調味料を使ってミーゴレンを作ります。

甘辛い味付けと言えるでしょう。

カロリーはおおよそ616kcalです。

エスニック料理の代表としてナシゴレンや炒飯、キーマカレーなどがあるかと思います。

ナシゴレンは700kcal、炒飯は620kcal、キーマカレーは600kcal程と言われています。

決してカロリーが高い料理とは言えませんので、安心して食べることが出来るでしょう。

甘みと辛み、そして酸味が含まれているエスニック料理には、カプサイシンという発汗作用が含まれる成分が含まれています。

脂肪燃焼を促進してくれる効果が期待でき、また、夏の食欲不振の時や夏バテ予防に食べて、沢山汗をかくと身体にも良いです。

更に、酸味の素となるお酢にはクエン酸が含まれています。

クエン酸が含まれているため、疲労回復効果も期待できます。

また、糖質の吸収を緩やかにしてくれるため、身体が糖分を脂肪として吸収する事を減らしてくれるのです。

【スポンサードリンク】

ミーゴレンはどんな風に作るの?具材にはどんな物がある?

ミーゴレンはスーパーで売っている調味料を使って簡単に作ることも出来ます。

調味料には、醤油、ナンプラー、チリソース、ケチャップ、そしてみりん、鶏ガラスープの素があれば良いでしょう。

分量は、醤油大さじ1、ナンプラー大さじ1、チリソース大さじ1と1/2、ケチャップ大さじ1、みりん大さじ1、そして鶏ガラスープの素は少々あればミーゴレンの味付けは完璧です。

そして具材には鶏肉や小松菜、人参、卵などを用意してみてください。

  • まず、調味料を混ぜておきましょう。
  • 具材は食べやすい大きさに切って、卵は目玉焼きにしてくださいね。
  • 事前に中華麺を炒めておきます。そして用意した野菜も炒めましょう。
  • 炒め終わったら、中華麺を追加して合わせ調味料も一緒に炒めてくださいね。
  • 目玉焼きを上に乗せれば、自宅で簡単にミーゴレンが出来ますよ。

その他、玉ねぎやピーマン、干し海老などの具材を入れれば、より美味しいものになるでしょう。

また、鶏肉の代わりに豚肉でも問題ありません。

調味料にレモン汁やナンプラーを使って本場の味に近づけることも出来ます。

まとめ

ミーゴレンは東南アジア諸国で食べることが出来るアジア料理ということが分かりましたね。

東南アジアの料理は調味料を調達することが難しいため、なかなか本場の味を出せないと思いがちです。

しかし、日本の食卓にある調味料に加え、スーパーで販売されているものを使えば、ミーゴレンを簡単に作れますね。

身体にも良く、特に夏場の食欲不振時には大活躍してくれるミーゴレン。

あなたもぜひ、ご自宅で作って召し上がってくださいね。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ