骨子とは【意味・読み方・書き方・例・使い方】骨子案についても解説!

学校や会社でたまに見聞きする「骨子」という言葉。

あなたは「骨子」とは一体どういう意味があるのかご存知でしょうか?

「骨子」の読み方はもちろん、「骨子」の使い方の例などをお話していきます。

また、よく「骨子案」という言葉を聞くことがあるかもしれません。

今回は「骨子案」という言葉「骨子案」の書き方についても解説していきます!

【スポンサードリンク】

骨子とはどういう意味?

「骨子」は「こっし」という読み方をする単語になります。

読み方の通り、何かを構成する上で重要な部分となる要点、眼目、事柄という意味合いがあります。

また、何かの考えや経験の上で最も不可欠なもの、重要な部分という意味も含まれています。

使い方としては、

「来期の売上戦略の骨子案を作成する」

が例として挙げられます。

この場合、売上戦略のたたき台となる具体的な戦略の前段階となる、基本的な方向性を示す案を考えるという意味が込められています。

そのため「骨子」は要約と考えられることもあります。

その他の使用例としては、

「骨子を提示する」
「骨子がまとまる」
「骨子を明らかにする」

といった使い方があります。

「骨子」の類義語として、

「要旨」「主旨」「骨組み」「枠組み」「エッセンス」「ポイント」「趣旨」

という言葉が例としてあります。

骨子案とはどういう意味?

「骨子」という言葉と同時によく用いられるのが「骨子案」ではないでしょうか。

「骨子案」は漢字の通り、全体の骨組みとなる大まかな案という意味合いがあります。

使用される場所として、法律や条例案を作成する時が挙げられます。

「骨子案」のため、一般的に文章量は少なく、文章という体裁ではなく、要点を箇条書きでまとめた状態の場合が多く見られます。

プレゼンテーションのスライドを作り出す前段階として、「骨子案」を作ることもビジネスの場では多いかもしれませんね。

「骨子」とよく似た言葉として「草案」というものがあります。

草案も「骨子案」とよく似た言葉ではありますが、ルールや規則などを決める時の原案のみに使う言葉と言われています。

【スポンサードリンク】

骨子、骨子案の書き方は?

ご紹介の通り、プレゼンテーションを学校や職場で作る際に、「骨子」を作成することが多いでしょう。

プレゼンにおける「骨子」は、話の流れを決めるという事になります。

相手に伝えたい事が伝わるよう、正しい順番で必要な情報を最低限に留めて並べていくことが必要となります。

「骨子」を作成するために重要となるのは、話の展開と言葉のチョイスです。

多くの人にとって分かりやすい、そして聞く意味があると感じてもらうことが出来る話の展開が必要ですね。

また難しい単語を並び立てるのではなく、分かりやすく伝わりやすい、そして心に残る言葉を選んでみましょう。

そしてプレゼンを行う時のスタイルも重要になります。

親しみやすいプレゼンにするのか、論理的に内容を話すのか、感情に訴えるような話をするかなど、TPOに合わせたものを採用してくださいね。

ご紹介した話の流れ、言葉のチョイス、そしてプレゼンのスタイルを決めていきましょう。

そして、このようにプレゼンの大枠を考えること「骨子案を考える」といいます。

まとめ

このように「骨子」という言葉を聞いたことがあっても、詳しくどういう意味があるかご存知でない方も多かったのではないでしょうか?

「骨子」とは、大まかな枠組みという意味になることも理解できましたか?

今後、生活する中でプレゼンテーションの「骨子案」を作る場面に遭遇しても、どのような事を検討すれば良いか、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

また「骨子案」は、ある事柄を考える上で重要な枠組みとなりますが、文章にして表さず、箇条書きにすれば良いでしょう。

あまり時間をかけすぎずに「骨子案」を作成してみてくださいね。
 
*「絶対の対義語は多分?相対?」については、こちらの記事!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ