米酢と穀物酢の違い【代用可能?使い分け必要?栄養や濃度は?】

962ed272f80263e579820811fae1e965_s

一口にお酢といってもたくさんの種類がありますよね。

最近ではちょっとお洒落な果実酢や、ワインビネガーも広く流通するようになっています。

様々なお酢がある中でも、ポピュラーな存在なのは米酢と穀物酢ではないでしょうか?

一般家庭でも広く利用される米酢と穀物酢ですが、それではこの二つのお酢に、一体どういった違いがあるかはご存知ですか?

それぞれの栄養素や濃度、使い分けの仕方も気になるところですよね。

また、米酢と穀物酢は、それぞれの代用品として使用出来るのでしょうか?

今回は米酢と穀物酢の違いや使い分け、代用の可否に加え、栄養や濃度についても調べていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

米酢と穀物酢の違い…代用は可能?使い分けをする必要はある?

〇米酢

米酢はお米を主原料に製造される醸造酢です。

お米本来の甘みやコクが生かされているものが多く、まろやかな味わいと香りが特徴です。

比較的酸味が少ないため、酢飯や、お酢自体の味・風味を味わう酢の物などに使用されることが多いです。

強く主張する味ではないので、薄味で仕上げる和食に向いているといえます。

加熱すると香りが飛んでしまい風味が落ちるので、高温での加熱調理にはあまり向いていません。

〇穀物酢

穀物酢は、酒かすや小麦・とうもろこしなど、数種類の穀類を原料に製造される醸造酢です。

すっきりとさわやかな酸味が特徴で、米酢と比べると酸味が強くキレがあります。

味がはっきりとしていて薄れにくいため、長時間加熱する煮物や、高温で調理される中華料理に向いています。

また油分との相性がいいので、マリネやドレッシングにも広く利用されます。

〇代用について

上記のように、それぞれ相性のいい料理があり、使い分けが推奨される場合もあります。

しかし、基本的にはそれぞれを代用品にしても問題はありません。

米酢というのは穀物酢の中の一種ですので、それぞれ互換性はあります。

しかし、細かい仕上がりの違いは生まれますので、そのポイントを抑えておくことが大切になります。

穀物酢を米酢の代用にする場合には、分量を控えめにすると、強い酸味が目立たなくなります。

味がはっきりとしていますので、料理自体を少し濃い味にまとめてみると、お酢の主張を和らげることが出来るでしょう。

足りないコクや甘みは、砂糖、みりんなど別の調味料で補うことができます。

米酢を穀物酢の代用にする場合は、少し量を増やすと、酸味が引き立ちやすいです。

しかし、米酢は元々がまろやかな味わいであるため、穀物酢に比べると、パンチの弱い仕上がりになるのは否めません。

最低限お酢を利用した味付けにすることは可能ですので、酸味が苦手な人や子供には食べやすい仕上がりになるかと思います。

また、加熱する料理であれば米酢独特の香りはすぐに消えていくので、気にする必要はあまりないです。

【スポンサードリンク】

米酢と穀物酢の栄養や濃度は?

〇米酢

米酢には、様々な種類のアミノ酸や有機酸が豊富に含まれています。

その中でも多く含まれている栄養素がクエン酸です。

クエン酸には抗酸化作用があり、細胞の酸化を防ぐことで、ストレスや疲労の回復を期待出来ます。

またクエン酸には血流を促進する作用もあるため、冷え性や肩こりにも効果的です。

〇穀物酢

穀物酢は米酢に比べてアミノ酸値は低いですが、カリウムを豊富に含んでいます。

カリウムには血圧を抑制し、高血圧を防止する効能があります。

その他、排尿を促すことでむくみを解消したり、筋肉の動きをしなやかにするなど、様々な働きが期待できます。

また、米酢・穀物酢どちらにも共通して、お酢の中に含まれる「酸」の割合を、濃度と表現します。

メーカーやお酢の種類によってバラつきもありますが、一般的なお酢の濃度は4~5%程度になります。

まとめ

米酢と穀物酢について、いろいろな角度から情報をお伝えしましたが、いかがでしたか?

同じお酢でも、向いている料理や栄養素には随分と違いが出るものなのですね。

しかし違いはあれど、どちらか一つがあれば代用できるというのは嬉しいところです。

あなたもぜひ二つのお酢の使い分けをマスターしつつ、臨機応変に、代用も行ってみてくださいね。
 
 
*「きび砂糖と三温糖の違い」については、こちらの記事!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ