コチュジャンの代用【豆板醤や味噌、甜麺醤、ラー油等で代わりになる?】

あなたは『コチュジャン』を使った韓国料理はお好きですか?

私は、コチュジャンが大好きですので、ついつい調味料として料理に使い過ぎてしまい、調理中に切らしてしまうこともしばしば・・・

ということで、今回はコチュジャンの代用として他の調味料を使用することは出来るのかを調べてみました!

豆板醤や味噌、甜麺醤、ラー油などを代わりとして使えるのかをお話していきます。

【スポンサードリンク】

コチュジャンってどんなもの?

コチュジャンはご存知の通り、韓国発祥の調味料です。

米や麹、粉唐辛子を合わせたものを発酵させた韓国版の味噌とも言えるでしょう。

甘みとコクが混ざりあった調味料は、韓国料理の代表とも言えるビビンパやチゲ鍋、炒め物などに用いることが出来ます。

日本では麹の代用品として水飴を用いる事が多く、甘みが強いコチュジャンが普及しています。

最近では、韓国でも従来のコチュジャンよりも甘みの強い、水飴を使用したコチュジャンが多く製造販売されています。

コチュジャンは自宅で熟成させれば家庭で手作りコチュジャンを作ることも可能

もち粉、白味噌、粉唐辛子、水飴、そして酢と酒を用意すれば材料の準備完了です。

もち粉を湯煎し、とろっとした状態にした後、残りの材料を追加して、よく混ぜ合わせてみましょう。

熟成には半年ほどかかりますが、興味のある方はぜひお試しください。

前述のとおり、糖分を含んでいる調味料なので、直接鍋で炒めてしまうと焦げてしまいます

料理でコチュジャンを用いる場合は、他の食材を炒めた後に追加する形で用いることが美味しく料理を作る秘訣とも言えますね。

コチュジャンと一緒によく用いられる調味料には、ごま油やにんにく、生姜や黒胡椒などがあります。

野菜では玉ねぎやネギなどと合わせることも多いです。

ごま油とコチュジャンを合わせると、定番の韓国料理の味を再現することが可能です。

その他、醤油や味噌、マヨネーズなどと組み合わせて、コチュジャンを使うこともできます。

【スポンサードリンク】

コチュジャンがない時の代用は何を使えば良い?豆板醤や味噌、甜麺醤、ラー油は代用として使えるの?

コチュジャンとよく似た味で、思い出すのは豆板醤ではないでしょうか?

豆板醤はもともと中国の香辛料です。

そら豆と唐辛子、米やごま油を加えて作られており、味噌に近い味をしています。

また、唐辛子を大量に加えているため、辛い味であることが多いです。

辛味と香りが食材に合わさるのは豆板醤なのですが、コチュジャンは辛味と甘みを追加する香辛料となります。

そのため豆板醤はコチュジャンの代用品として使うことが出来ますが、そのまま使用することは出来ません

コチュジャンと同じ味を求める場合は、「豆板醤」と「甜麺醤」を同量加えてみると、とても似た味を作ることが出来ます

甜麺醤は中国の調味料で、日本の八丁味噌に近い味わいをしています。

小麦味噌の種類のひとつで、他の香辛料に比べて甘みが強い点が他と違います。

甜麺醤は、北京ダックのタレやジャージャー麺などに使用されることが多いんです。

また甜麺醤と味噌、ラー油を合わせれば、コチュジャンの代用としても使うことが出来ます

豆板醤や甜麺醤などの調味料がない場合は、味噌大さじ1にごま油を小さじ1/2、醤油と砂糖、一味唐辛子を小さじ1ずつ加えると、コチュジャンに近い味になるので、試してみてくださいね。

まとめ

コチュジャンを使った料理を作る場合は、もちろんコチュジャンがあれば良いのですが、無い場合は自宅の調味料を合わせてくださいね。

豆板醤や味噌、甜麺醤、ラー油など様々な調味料と自宅にある砂糖やごま油を使えば代用が可能です。

コチュジャンに近い味わいを作り出すことができるでしょう。

市販のコチュジャンを使わなくても、ご自宅でオリジナルのコチュジャン風調味料を使って、韓国料理を作ることも楽しいかもしれませんね^^
 
*人気スパイス「ケイジャンとは?味は?」については、こちら!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ