片栗粉の保存【容器は100均?冷蔵庫保存?】ダニ発生を阻止!

6de281f7a5a1f8fe6607b64c37313375_s

あなたは、封を切った片栗粉をどうやって保存していますか?

常温で戸棚に、冷蔵庫に入れて、パッケージのまま…それぞれのご家庭で色々な保存方法があると思います。

最近では100均などでも安く手に入る、別の容器に移し替えて保存しているという人も多いのではないでしょうか?

片栗粉も食材ですから、保存方法を間違えるとダニが発生したり足が早くなったりと、衛生面にも健康面にもよくない変化が起こってしまいます。

それでは、正しい片栗粉の保存方法とはどんなものなのでしょうか?

  • 冷蔵庫で保存したほうがいいの?
  • ダニを発生させないためにはどうすればいい?
  • 容器は移し替える必要がある?
  • 移し替える必要があるなら、容器は100均のものでも大丈夫なの?

などなど、今回は片栗粉の保存方法について、分かりやすく解説していきます!

【スポンサードリンク】

片栗粉の保存には容器が重要!100均で可能?

片栗粉のパッケージは、大抵は口が閉じられるようになっていて便利なので、そのまま使っているという方も多いと思います。

しかし、それは大きな間違いであり、一度パッケージの封を切ってしまったら、わずかな隙間からでもダニや虫は侵入して増殖します。

さらに片栗粉を劣化させる大きな原因としては、湿気も挙げられています。

このため、片栗粉の保存には、密閉できる容器の利用が推奨されているのです。

タッパーや、円形の蓋をくるくる回してカッチリと止めるタイプの密閉容器を利用すれば、湿気に触れるのを防げますし、虫の侵入もある程度抑制してくれます。

また他の食品からの匂い移りも防止することができるのです。

密閉容器は100均で簡単に入手できるので、ぜひ利用することをおすすめします。

ただ100均の商品の中には蓋と本体に隙間が空いていたり、蓋がカチッと閉まらないなどちょっと怪しいものもあるので、買う前によくチェックしたほうがいいでしょう。

【スポンサードリンク】

保存は冷蔵庫で。ダニの繁殖を防ぐ!

コンロの近くや戸棚の中など、常温で片栗粉を保存する場合もあると思いますが、これはとても危険なことで、ダニを繁殖させる大きな原因になります。

ダニは高温多湿を好むので、湿度や温度の上がりやすい台所にそのまま置いておくのは、ダニにとって最高の環境を提供していることになるのです。

このダニはというのは非常に厄介で、気づかずに摂取してしまうとアレルギー反応を起こす可能性があります。

肌のかゆみやくしゃみ、咳などの比較的軽い症状から、動悸や下痢、嘔吐、ひどければ血圧の急低下を招いて、命にかかわることもあります。

加熱処理を施しても熱に耐性のあるタイプのダニもいますし、ダニの死骸やフンもアレルギー反応を引き起こす原因になるので、加熱はあまり効果的な対策とは言えません。

まずはダニの侵入と繁殖を、根本から防ぐことが大事なのです。

ですので片栗粉は、上記のように密閉できる容器に移し替えた後、冷蔵庫で保存するのが望ましいです。

ダニは低温や乾燥した環境の中では活発に活動できないので、片栗粉を冷やしておけば、繁殖を防ぐことができます。

密閉容器に移し替えておけば、冷蔵庫を使用する際に気になる匂い移りもしっかり防げますよ。

片栗粉の冷蔵保存で注意が必要なのは、結露が生じて、その水分からカビが発生する可能性がある点。

一度カビてしまったら、もちろんもうその片栗粉は使用できなくなってしまうので、乾燥剤を併用して冷蔵庫内での湿気対策も万全にしましょう。

また、冷凍庫で冷凍保存するという方法もあります。

肉や野菜などの生鮮食品は、凍らせてしまうと味や見た目が悪くなるという難点がありますが、片栗粉などの粉類は冷えるだけで凍ることはないので、品質が劣化する心配もありません。

まとめ

片栗粉の保存方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

片栗粉を常温で保存する恐ろしさや、容器を移し替える重要性を分かっていただけたかと思います。

日常的に利用する身近な食材であるからこそ、いい品質を保って安全に利用したいですよね。

冷蔵庫や便利な密閉容器を、ぜひ有効に活用してみてください!
 
 
*SNSで話題の常備菜「無限ピーマン」の保存方法については、こちらのページ! 
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ