片栗粉の代用【小麦粉・白玉粉・コーンスターチでとろみ付けできる?】

6de281f7a5a1f8fe6607b64c37313375_s

熱々の餡かけやトロトロのスープなど、料理にとろみをつけるときに欠かせない存在の片栗粉。

しかし片栗粉はどんな料理にも使うものではないので、いざ使おうと思ったときに切らしてた!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか?

わざわざ片栗粉だけのために買い物に行きたくない・・・

時間もないし・・・

そんなときに別のものでサクッと代用できたら嬉しいですよね。

例えば、小麦粉や白玉粉、コーンスターチなど、他の粉類を片栗粉の代用品にしてとろみを付けることはできるのでしょうか?

小麦粉は家庭でも色々な料理に使用されますが、白玉粉やコーンスターチはお菓子のイメージも強いですよね。

小麦粉・白玉粉・コーンスターチは片栗粉の代用品になるのか、今回はこちらを調べていきます!

【スポンサードリンク】

片栗粉とは?

片栗粉の原料は、カタクリという植物の根からとれるデンプンです。

しかし、自生のカタクリの数が減少しているため、最近の片栗粉はもっぱらジャガイモのデンプンから製造されています。

片栗粉の特性としては、水で溶いてから加熱するととろみがつき、熱が抜けるととろみも緩む・・・というものがあります。

粉の状態では見た目は真っ白、触るとつるつるとした感触があり、料理やお菓子作りに広く利用されています。

片栗粉の代用品にするには

とろみを付けるための片栗粉の代用品を探すには、その代用品にデンプンが含まれているかどうかが重要になります。

デンプンによって、片栗粉のとろみが生み出されているからです。

それでは上記の小麦粉・白玉粉・コーンスターチはどうでしょうか?

小麦粉には小麦由来のデンプン、白玉粉は米由来のデンプン、コーンスターチにはとうもろこし由来のデンプンがそれぞれ含まれています。

デンプンが含まれたこれらの粉類は、片栗粉の代用品になるのでしょうか?

【スポンサードリンク】

小麦粉や白玉粉、コーンスターチでとろみは再現できる?違いは?

小麦粉・白玉粉・コーンスターチについて、とろみ付けの可否や、使用した場合の特徴を見ていきましょう。

・小麦粉

代用は可能、分量は水に1に対して1で、片栗粉と同様に水に溶かしてから使用してください。

代用品として小麦粉を使う場合、片栗粉のように透明度の高い餡にはならず、白っぽく濁った色合いになります。

またサラサラとさっぱりした餡というよりは、重たくドロッとした仕上がりです。

注意点としては、小麦粉は粒子が小さい上にたんぱく質も多く含まれているため、片栗粉よりかなり焦げやすいところが挙げられます。

こまめにかき混ぜて焦げを作らないようにしましょう。

気を付けるべき点はありますが、小麦粉なら常にストックしている家庭も多いと思いますし、手軽に代用できるのではないでしょうか。

・白玉粉

代用は可能、こちらも水に溶いてから利用してください。

白玉粉は、片栗粉や小麦粉のようなサラサラの粉というよりも、少し大きめの粒になっているものが多いです。

ですので、始めにしっかりと水で溶いておかないと、ダマになったり、粉っぽさが残ってしまう可能性があります。

小麦粉と同様、加熱しても透明度は上がらないので、やはり白っぽい見た目になります。

また、使用する白玉粉によっては、甘みが強く感じられる可能性があります。

その場合は砂糖などの甘い調味料の量を減らして調節するか、ソースやラーメンのスープなど、味の濃いものに利用するのがおすすめです。

・コーンスターチ

代用は可能、水1に対して1の分量で、水に溶いて利用してください。

コーンスターチを利用した餡は、冷えてもとろみが緩くならないので、冷めた状態で食べるお弁当に入れるときに便利です。

片栗粉より透明度が高く、透き通っているので見栄えします。

食感に関しては片栗粉よりも小麦粉に近く、ドロッとしてねばりのある印象。

独特の風味や味わいがあるので、カレーやシチューなど、はっきりと味が強い料理に利用するのがいいでしょう。

まとめ

とろみ付けの片栗粉の代用品についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

小麦粉、白玉粉、コーンスターチ、それぞれ特徴やデメリットはありつつ、片栗粉の代用品として利用できることがわかりました。

全く同じとは言えませんが、あまり細部までこだわらなければ、差しさわりのないレベルでお料理ができますよ。

どれも身近で一般家庭にあるようなものばかりなので、片栗粉がなくてお困りの際には、ぜひ実践してみてくださいね。
 
 
*人気調味料「ウェイパー」の代用については、こちらのページ!
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ