イヤイヤ期の対応【1歳/2歳/3歳児をもつママさん向け情報】

子どもが1歳を過ぎると、自己主張が激しくなります。

これってイヤイヤ期の始まり?と思っているうちに
「あれも嫌!」「これも嫌!」と本格的なイヤイヤ期を迎えます

イヤイヤ期は大体3歳くらいまで続きますので、
1歳、2歳、3歳のお子さんをもつお母さんは
日々子どものイヤイヤに悩まされているのではないでしょうか。

ここでは、年齢別にどのようにイヤイヤ期に
対処したらいいのか
という点にスポットを当てて
この時期を上手に乗り切るコツを見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

1歳のイヤイヤ期

1歳の子どものイヤイヤの原因で主なものは、
自分でやりたいのにやらせてもらえないということです。

この時期の対処方法は、
触ってほしくないものは片付けてしまい、
やりたいことをやらせてあげる環境をつくる
ということです。

また、発達段階にあったことを
積極的にやらせてあげるようにするのもおすすめです。

2歳のイヤイヤ期

言葉でうまく伝えられないことで、
癇癪を起こしやすいのが2歳から2歳半くらいの時期です。

この時期は、大人が話している内容は理解できても、
自分の気持ちややりたいことを言葉で説明することができません。

そのもどかしさがイヤイヤにつながってしまうのです。

このようなときは、
「〇〇したいの?」と大人の方から聞いてあげましょう。

大人が上手に言いたいことを汲んでくれると、
子どもは落ち着きます。

しかし、どれだけ聞いても機嫌が治らないようなときには、
そっとその場を離れてしまいましょう。

子どもは一人になって時間をあければ落ち着きます。

そのときには大人もイライラを引きずったりせずに
いつもと変わらず接してあげてください。

これを繰り返すことで
子どもは段々と自分の気持ちを抑えることができるようになります。

2歳半のイヤイヤ期

2歳半を過ぎると、
自分がしたいことはしたい!
これは嫌!
など他人に譲れない気持ちが出てきます。

そして、これが原因のイヤイヤが増えます。

このようなときには、大人は手を出さずに
まずは子どもの気持ちを認めてあげます。

それから、自分と同じように
他の人にも気持ちがあるということをおしえてあげます。

そして、子どもの欲求を叶えた後で、
他の人の欲求も叶えてあげるように話しましょう。

3歳のイヤイヤ期

3歳を過ぎた子の場合には、
いつも強い興味を持って時間がかかる事柄については、
あらかじめ余裕を持って時間配分し、子どもに付き合ってあげてください。

【スポンサードリンク】

そもそもイヤイヤ期とは

年齢別・イヤイヤ期の対処のしかたを見てきましたが、
なぜイヤイヤ期は存在するのでしょうか?

その理由は人間が二足歩行を始めたことと深い関係があります。

哺乳類のほとんどは、
生まれてすぐに自分の足で歩くことができるほど
成長してから生まれてきます。

しかし、人間は四足歩行から二足歩行にかわったことで
骨産道が狭くなりました。

そのため、十分な成長を待ってから
生まれることができなくなったのです。

そこで、人間は生まれてから脳と体を成長させることになりました。

欲求を我慢することができるのは
脳の前頭前野という部分の働きによります。

ちょうど3歳を過ぎる頃に前頭前野は発達しますので、
2歳、3歳児が欲求を我慢できないことは正しい発達段階なのです。

最後に

子どものイヤイヤ期は大人にとっては大変な時期です。

しかし、自己主張ができる子の方が物事に積極的になれますし、
癇癪を起こしやすい子はうまく育てると利発になると考えられています。

子どもの良いところをたくさん伸ばしてあげられるよう、
気持ちを受け止めて、この時期を乗り切りましょう。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ