一味唐辛子を食べ過ぎると?【効果やカロリーを徹底調査!】

b22ec8a941ef7a2ca3f62455ae586232_s

ダイエット効果が期待できると話題になった唐辛子。

カプサイシンが効く!といわれていますが、生の唐辛子よりも食べやすく持ち歩きに便利な一味唐辛子を使っている方も多いのではないでしょうか?

スープやごはんに振りかけて、いつでも簡単、手軽なダイエットアイテムとして持ち運びが便利な一味唐辛子はダイエットをする人の強い味方。

とはいえ、ふんだんに振りかけてはみたものの、ふと、一味唐辛子のカロリーが気になったという経験はありませんか?

そんな疑問を解決していきます!

【スポンサードリンク】

一味唐辛子を食べ過ぎるとカロリー過多で効果がない!?

結論から言うと、「一味唐辛子を食べ過ぎる」ということがほぼ無いので、一味唐辛子の食べ過ぎでカロリーが高くなりダイエット効果がない、ということはありません。

とはいえ、一味唐辛子にもカロリーがあります。

ノーマルな唐辛子(乾燥した状態)で100グラムあたり、345キロカロリーあります。

カッテージチーズのカロリーが100グラムあたり105キロカロリーなので、これは意外にも高いカロリーといえます。

一味唐辛子はこの乾燥した唐辛子を粉末にしたもののことで、食品成分表によると100グラムあたりのカロリーは419キロカロリー。

419キロカロリーといえば、結構なハイカロリーです。

ちょっとした和食、一食分くらいはあるので、一回の食事に100グラムの一味唐辛子を足すとなるとダイエットには効果がないように思えます。

ですが、ちょっと思い浮かべてみてください。

唐辛子100グラムといえば、一本がおよそ0.5グラムなので、100グラムといえばもりもりの山盛りです。

市販の一味唐辛子の瓶詰の内容量は15グラム。

一度に全部使い切ったとしても62.85キロカロリー。

三食すべてに一瓶ずつ使って188.55キロカロリーになります。

ですが、実際に使う量としては、一食につき一振りか二振り程度という常識の範囲ないであれば、食べ過ぎてダイエット効果を台無しにしてしまうということはほぼありません。

一味唐辛子の効果と”自分の”食べ過ぎ量を知ろう!

唐辛子にはカプサイシンという成分が豊富に含まれていて、このカプサイシンにダイエット効果があるとして注目されています。

辛味成分カプサイシンを摂取するとアドレナリンが出て脂肪の分解を促進します。

また、発汗や体温の上昇も見られます。

つまり、カプサイシン(唐辛子)を食べることで体が熱くなり、汗が出やすくなって、脂肪を分解しやすくもなる効果があるということ。

一味唐辛子はコンビニなどで手軽に手に入れることができて、持ち運びにも便利なので、ダイエットの優秀なアイテムの一つといえます。

また、瓶の容量がほぼ決まっていることから、食べ過ぎているかいないかどうかをチェックしやすいというメリットもあります。

食事のたびに一味唐辛子を使うのであれば、その減り方で食事量を見直すこともできるからです。

また、辛味成分のカプサイシンは摂り過ぎると胃の粘膜を荒らしてしまうことがあるので、カロリーとは別に「自分の胃に負担になるほど一味唐辛子を食べていないか」の目安にもなります。

ダイエットにばかり気を取られて胃を壊してしまっては、効果は台無し。

自分にあった分量を使って、最大限の効果を引き出しましょう。

【スポンサードリンク】

一味唐辛子の効果的な食べ方

一味唐辛子の効果的な食べ方としてあげられるのが、運動の30分前に食べる、というもの。

カプサイシン効果で燃焼しやすくなった脂肪にアタックして、効果的にダイエットができます。

でも、がっつり食べた30分後に運動するのは面倒になりがち。

そんなときは、やっぱりちょい足しが効果的。

食事を美味しく食べるための薬味である一味唐辛子ですから、一味唐辛子を主役にせず、あくまでわき役として付け足すことで無理なく続けられるので、効果が出やすいでしょう。

例えば、マヨネーズに一味唐辛子をちょい足しして野菜のディップなどにすると、辛いものが苦手な人でもクリーミーなマヨネーズが辛味を緩和してくれるのでお勧めです。

マヨネーズもヘルシーなものを選んでさらにカロリーオフすれば、ダイエット効果はさらにアップ。

多少食べ過ぎた感があっても、低カロリーに抑えることで、ストレスなくダイエットできます。

他にもお味噌に混ぜたり、意外なところではアイスクリームに振りかけたりと食べ方は様々。

どうしても甘いものが食べたいときにはアイスクリームに、今日はちょっと小腹が減ったというときは食べごたえのある野菜のディップにと、そのときの気分に合わせて一味唐辛子を加えてみましょう。

効果的に間食を挟むことで、そのあとの食事の食べ過ぎを防止することもできます。

一味唐辛子をとりいれることで、楽しく無理せず、効果的なダイエットライフを過ごしていきたいですね!
 
 
 
※「ウェイパーの危険/成分やカロリーを徹底調査!」については、こちらのページ

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ