一味唐辛子の作り方【種はどうすればいいの?】

b22ec8a941ef7a2ca3f62455ae586232_s

おうどんにおそば、お味噌汁からふりかけまで、なんにでも使えてピリッと美味しい一味唐辛子。

カプサイシンのダイエット効果も有名です。

便利な小瓶で売られていることが多いため、自分専用の一味唐辛子を持ち歩いている、なんて人もたくさんいます。

そんな一味唐辛子ですが「一味唐辛子」というだけあって、材料は唐辛子のみ。

簡単、手軽に自分でも作れるんです。

【スポンサードリンク】

一味唐辛子の作り方!種はどうする!?

一味唐辛子の作り方は本当にシンプルで簡単。

まず、乾燥させた唐辛子を用意し、種をキレイに取り除きます。

種を取るのって面倒そう!と思われそうですが、この種取りが一味唐辛子を作る過程で重要なのでしっかり取りましょう。

種が残ると、えぐみや苦みが出てしまいます。

種をキレイに取り除いたら、フードプロフェッサーなどで好みの挽き加減まで粉砕します。

小瓶に詰めたら、オリジナル一味唐辛子の完成です。

作り方の注意点は?

一味唐辛子を作りたい、と思ったら、材料はもちろん唐辛子です。

ヘタや種を取ったりするときに、当然、唐辛子を触るので、手袋は必須です。

また、辛味成分が目にしみたり鼻やのどを刺激してむせることもあるので、スクやメガネも準備しておきましょう。

フードプロフェッサーやミルがない場合は、すり鉢でごりごりやるという方法もありますが、これはかなり時間がかかります。

時間がかかっても唐辛子をごりごりやって、一味唐辛子を作りたい!という人はなおさらですが、マスクは絶対に必要なアイテムです。

より安心安全で美味しい一味唐辛子の作り方

各種の唐辛子をブレンドして種を取り除いて、好みの辛さ、挽き加減のオリジナル一味唐辛子を作るのもお勧めです。

でも、もっともっとこだわりたい!という人は、唐辛子から育ててみるのもお勧め。

取り除いた種を植えるという方法もありますが、苗からなら、簡単で気軽に育てられます。

たくさんの種類の唐辛子の苗が販売されているので、自分の好みの唐辛子を選んで育ててみましょう。

唐辛子は真っ赤になったら収穫時。

ほかの作物と違って収穫時期も見分けやすく、目で見て変化がわかるので楽しみながら育てられます。

収穫したら、天日で干して、中でカラカラ種の音がするくらいまで水分を飛ばしたら準備完了です。

【スポンサードリンク】

天日干しはハードルが高い・・・

一味唐辛子を作る際に、唐辛子が十分乾燥していることが重要ですが、せっかく育てた唐辛子を天日干しにするのは難しい!という人も多いはず。

そんなときは、室内で約1ヶ月ほど乾燥させる方法がお勧めです。

これなら、忙しい毎日の中でも、雨や風などを心配せずに済みますし、唐辛子の様子を見ながら、いつ一味唐辛子を作るかを決めることができます。

室内に干しておいたからといって、部屋の空気が辛くなることはないので大丈夫。

ただし、小さなお子様やペットがいる場合は十分に注意しましょう。

完全オリジナルな一味唐辛子の作ろう!

苗や種から育てた唐辛子を収穫して干し、種を取り除いてフードプロフェッサーなどで挽いて作る完全オリジナル一味唐辛子。

言葉にすると簡単ですが、そこまですれば、格別な味が楽しめます。

オリジナルの一味唐辛子は市販のものより辛味が強いといわれています。

選ぶ唐辛子の種類にもよりますが、ハバネロやジョロキアを選べば、辛さは格段の強くなります。

そんな自分好みの辛さの一味唐辛子を簡単に作ることができるのも、魅力的です。

一味唐辛子を詰める瓶も可愛らしくデコレーションしたりすれば、オリジナル感は倍増します。

各種の唐辛子を詰め分けて、一味唐辛子の味比べを楽しむこともできます。

作り方はどの唐辛子でも、乾燥させて種を取り除いて、粉末にするだけです。

世界の唐辛子を使ってオリジナル一味唐辛子を作り、食をもっと楽しく美味しくしてみませんか?
 
 
✳︎「一味唐辛子」の効果やカロリーについては、こちらのページ
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ