車【ハイブリッドの意味とメリットを知ってる?】

車のハイブリッドという言葉をご存知でしょうか?

CMなどでも頻繁に使われている言葉なので、一度は耳にしたことがあるはずの「ハイブリッド」。

エコな車の代名詞としても使われています。

では、そもそも「ハイブリッド」ってどんな意味なんでしょうか?

エコに関係した言葉?

車に関係した言葉?

いえいえ、そもそも「ハイブリッド-hybrid-」とは豚とイノシシを掛け合わせたもの、という意味。

転じて、雑種のことをさします。

良い意味でも悪い意味でも、何かと何かが合わさった状態を表す言葉で、車とはまったく無関係な言葉でした。

【スポンサードリンク】

ハイブリッドな車ってなに?

車はエコカーという、燃費の良い車が年々増えてきています。

そこに登場したのが「電気」と「ガソリン」という二つのエネルギーを混合して走る、ハイブリッド車が登場しました。

一番のメリットは、ガソリンを使う量が少ないのでコスパがいいことがあげられます。

ほかにもハイブリッド車ならではのメリットとして、排気ガスによる大気汚染が抑えられるというエコな側面があります。

別の言い方をすれば、「エンジン」と「モーター」のように二種類の動力を搭載した車をハイブリッド車と呼ぶ、とも言えます。

従来の車ではブレーキを踏むたびに捨てていたエネルギーを捨てることなく、車内で作られた電気で再利用し、これまでの車の約二倍といわれる燃費性能が実用化されました。

ハイブリッド車の特徴

ハイブリッド車はガソリンの消費を少なくする分、電気でモーターを動かしています。

排気ガスが出ないというメリットはもちろんですが、電気で「モーター」を動かす、ということにも意味があります。

電気でモーターを動かすことで、エンジンを動かすときのような大きな音がせず、作動音がちょっと聞こえる程度まで音を抑えられるというメリットがあります。

さらに、乗っている人にとってより快適な空間を提供するという意味でも大きなメリットです。

この作動音の大きさは、従来の車と比較したときにハイブリッド車の大きな特徴といえます。

【スポンサードリンク】

ハイブリッド車のメリット、デメリット

ハイブリッド車は、走りながら自ら充電し、今まで捨てていたエネルギーをその電力で回収するため無駄がありません。

コスパも良く、環境に優しいという意味があり、メリットが大きな車といえます。

よく比較される電気自動車はエコの観点から言えば理想的で大きなメリットがありますが、専用の充電設備が必要になるというデメリットがあります。

ハイブリッド車であればそうした設備を必要としないことも大きなメリットです。

また、充電に時間がかからないことも大きな意味があります。

日本は渋滞が多く、また時間を守ろうという意識が高いため、例えばガソリンの補充にしてもスムーズな対応を求める傾向が強くあります。

電気自動車の場合、このスムーズな充電ということに問題があり、ハイブリッド車のほうが効率が良いというメリットにつながります。

では、ハイブリッド車にはデメリットがないのでしょうか?

実はハイブリッド車には、メリットとしてあげられた「静かさ」をデメリットとして感じる人も多いようです。

エンジンをかけ、ブルンッという大きな音に車に乗る醍醐味や意味を見出す車好きな人々にとっては、そこが少し不足に感じてしまうようです。

ほかにも、静か過ぎて歩行者が車の存在に気づきにくいというデメリットもあるようです。

しかし、音が静かで低燃費という技術の詰まったハイブリッド車には、排気ガスの規制などを考えると、やはりメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

日本の自動車メーカーはハイブリッド車の開発に力を入れているので、セダンタイプやミニバン、4WD車やSUV車など、多彩な車の中から自分にピッタリの一台を選ぶことができます。

環境に優しいということは、未来へ良い環境を残すということにおいて意味があります。

メリットとデメリットをハイブリットして、楽しいカーライフを過ごしましょう!
 
 
 
※人気記事「赤ちゃんのおひなまき」については、こちらのページ

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ