ヘンプシードの効果効能と食べ方!話題のスーパーフードを徹底解明!

『ヘンプシード』という名前を聞いたことはあるでしょうか。

ヘンプシードとは麻の実のことで、じわじわと注目を集めているスーパーフードの一種。

非常に栄養価が高く、また栄養バランスも良いため、健康や美容に様々な効果効能があると話題なんです。

ナッツの仲間なので味を好む人も多く、色々な食べ方で親しまれる存在です。

それではスーパーフード「ヘンプシード」には、具体的にどんな効果効能が望めるのでしょうか?

今回は、ヘンプシードの持つ効果や、食べ方に迫っていきます!

【スポンサードリンク】

ヘンプシードとは?

ヘンプシードは前述の通り、麻の実のことです。

ヘンプシードの「ヘンプ」とは麻を指しており、欧米などでは日常的に食されているようです。

チアシードやアサイーなどと同じく、栄養の含有量が非常に多いスーパーフードとして利用されることが多いです。

見た目は小さくコロコロとしていて胡麻に近く、身近なところでは、七味唐辛子に使用されていますね。

食用のヘンプシードが採取できる麻は、化学肥料や農薬を使わずに栽培できるので、食品としての安全性の高さも話題になっています。

ヘンプシードの効果効能とは?栄養たっぷり!

ヘンプシードを摂取すると、どのような効果効能が得られるのでしょうか?

含まれている栄養や、その効能を見ていきたいと思います。

〇丈夫な体をつくる

ヘンプシードには植物性のタンパク質が豊富に含まれています。

タンパク質は内臓や血、筋肉に骨、皮膚など…人間の体を造るうえで絶対に欠かせない栄養素です。

ほとんどのタンパク質は20種類のアミノ酸の組み合わせで構成されており、その内、人が体内で生成できない9種類を必須アミノ酸といいます。

必須アミノ酸は食べ物から摂取する必要がありますが、ヘンプシードには、この9種類のアミノ酸が全て含まれているのです。

体の材料であるタンパク質を摂取することで、丈夫で健康な体を維持できます。

〇ダイエット

ヘンプシードに含まれるタンパク質は植物由来です。

動物性のタンパク質は肉や魚、乳製品から摂取できますが、脂質が多いため過度に摂取すると肥満の原因になります。

しかし植物性のタンパク質なら脂質が少ないため脂肪がつきにくくなります。

またタンパク質は筋肉の発達にも効果的で、筋肉量が増えると比例して基礎代謝も上がっていくので、自然と脂肪燃焼しやすい体になります。

脂肪の摂取を抑えたうえで脂肪の燃焼を促すことで、ダイエットに繋がるのです。

〇便秘解消

ヘンプシードには、食物繊維が豊富に含まれています。

その量は、食物繊維が多いイメージのあるサツマイモの100g中2.4gに対し、なんと41.3g…約17倍にもなるのです。

食物繊維は腸内に入ると水と結びついてカサを増し、腸を刺激して排便を促す効果があります。

摂取しすぎると逆に便秘を助長させる可能性もありますが、適度に摂取すれば便秘を解消してくれます。

〇美肌

肌を美しく保つのに欠かせないビタミン群も、ヘンプシードには豊富に含まれています。

ビタミンには血流を促して肌に栄養を運んだり、メラニン色素を減少させる、コラーゲンを生成するなどの効能が期待できます。

また特にビタミンA・Eや、aリノレン酸という栄養素には、強い抗酸化作用があります。

抗酸化作用のある成分は、老化の原因になる活性酸素を除去し、体を若く保つのです。

もちろん肌の老化も防げるので、若々しく美しい肌の維持が期待できます。

〇貧血対策

ヘンプシードは、鉄などのミネラルも豊富に含んでいます。

鉄が不足すると、赤血球内のヘモグロビンの生成が出来なくなり、体に十分な酸素を運ぶことが困難になります。

すると体は酸欠を起こしてしまい、立ちくらみや頭痛など、貧血の症状が表れるのです。

ミネラル分をしっかりと摂取すれば、血がきちんと作られ、貧血の改善や予防が出来ますよ。

【スポンサードリンク】

ヘンプシードの食べ方は?

ヘンプシードには3種類の形状があります。

そのため食べ方のバリエーションもとても豊富なんです。

〇ヘンプシードナッツ

麻の実の殻をむいたものがヘンプシードナッツです。

小粒で柔らかめなので、そのままパリパリと食べることも可能です。

定番ならシリアルやヨーグルトに加えたり、またクッキーなどのお菓子にナッツとして混ぜ込むのも香ばしくていいですね。

サラダに振りかけるなど、胡麻のように使うのもOKです。

〇ヘンプシードパウダー

麻の実を砕いてパウダー状にしたものです。

ヘンプシードナッツと同じく、サラダやヨーグルトに振りかけるのがベター。

パウダーであるのを利用してスープ類やドリンクに混ぜるのもいいですし、小麦粉などと併用して、パンやお菓子の生地づくりにも使用できますよ。

〇ヘンプシードオイル

麻の実から絞られたオイルを、ヘンプシードオイルとよびます。

油ではありますが、熱に弱いので加熱調理に向いているとはいえません。

熱は加えずにドレッシングにしたり、マリネを作るのに利用するのがおすすめですね。

また、調理を終えたスープに垂らしたり、グリーンスムージーに混ぜ込んだりするのもいいでしょう。

直接パンに塗って食べるのもおいしいですよ。
 
 
*ちなみに、同じく栄養満点の『そば米の効果効能』については、こちらで説明しています^^
 

まとめ

ヘンプシードについて、効果効能や食べ方をご紹介しましたがいかがでしたか?

栄養が豊富で、味もおいしいというのは嬉しいですね。

食べ方のバリエーションが豊富なので、飽きずに長く食べていけそうなところも注目のポイントです。

ぜひ話題のスーパーフード・ヘンプシードで、おいしい健康ライフを送ってくださいね。
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ