【ゆで卵の日持ち】冷蔵庫と常温保存はどっちがいいの?

簡単に作れて、熱々をすぐ食べるのも美味しいゆで卵。

お弁当に入れて彩りを添えるのいいし、ダイエットのタンパク質補給にも便利ですが、意外と知られていないのがその保存期間。

特にムシムシする梅雨時や暑い夏は、お弁当に入れるのもためらわれる・・・そんな人もいるのではないでしょうか?

そんなゆで卵を安心して食べられる、知っているようで知らなかったゆで卵の保存方法をみていきましょう。

【スポンサードリンク】

ゆで卵は日持ちする?保管するなら常温よりも冷蔵庫

たまご自体、日持ちしないイメージだから、ゆでたとしてもそんなに保たない気がする・・・。

加熱したとはいえ、たまごはたまご。

どんなにしっかりゆでた固ゆで卵でも、ちょっとあやしく思える・・・。

結論から言えば、それは正解です。

ゆで卵は冷蔵庫に入れても、3日以内に食べきったほうがいいそうです。

レストランなどで使われる業務用の冷蔵庫でも、日持ちするのは3日だといわれています。

家庭の冷蔵庫は内容量も少なく、冷え方も業務用とは違います。

それを考えると、常温で何日も、なんてちょっとゾッとしますね。

お弁当に入れた場合、学校や職場などで冷蔵庫に入れるとしても、持ち歩いている間は常温にさらされます。

サルモネラ菌は37℃~40℃で最も活発に増殖しますが、これは夏場のお弁当にピッタリ当てはまります。

夏場はお弁当にゆで卵を入れるのは、やめたほうが無難です。

どちらにしろ、ゆで卵はなるべく早く食べたほうがいいといえるでしょう。

殻つきとむいたゆで卵なら、どちらのほうが保存に向いてる?

結論からいうと、保存するなら殻つきゆで卵!

殻をむいたゆで卵は冷蔵庫で保存しても、12時間ほどしか保たないそうです。

殻にヒビが入ったものでは冷蔵庫で保存して1日程度保つようですが、常温はやはりちょっと論外なようです。

殻つきのしっかり茹でたゆで卵を冷蔵庫で保存して、3日以内に食べきりましょう。

【スポンサードリンク】

ゆで卵を日持ちさせたい!

ゆで卵を長期に保存したいなら、冷蔵庫よりも冷凍庫に入れるほうがお勧めです。

冷凍することで保存期間は一気に伸び、1ヶ月は大丈夫といわれますが味はガクンと落ちてしまいます。

特に白身部分はカスカスになってしまい、食感も悪く美味しく食べることができません。

美味しく長持ちさせたいなら、煮たまごにするのがオススメの方法です。

煮たまごは、殻をむいたゆで卵に醤油やお酒、お砂糖などと一緒に煮て味をしみこませるもの。

こうすることで、冷蔵庫で5日は保存できるようになります。

また、夏場の常温でも数時間なら大丈夫だといわれますので、お弁当にも入れられます。

ひと手間かけて、美味しく安全に、安心していただきましょう。

ゆで卵と生卵、どっちが保つの?

常温にしろ冷蔵庫に入れての保存にしろ、保つのは断然生卵です。

ゆで卵のほうが加熱している分、保つような気がしますがそれは間違い。

なぜなら、卵は呼吸をしながら殺菌もしているからです。

もし、生卵がすぐに腐ってしまうようなら、ニワトリ界は阿鼻叫喚。

現代まで生き残ってくることはできなっかったでしょう。

そんな卵が生きていけるのも、卵自体が生きて呼吸をしているからです。

じゃあ、温めてるし常温で大丈夫なんじゃ・・・、という意見もありそうですが食品として卵を考えた場合はやっぱりそれは間違いです。

しっかり冷蔵庫に保管して、賞味期限を守りましょう。

賞味期限を過ぎても、ゆで卵にすれば食べられるといいますが、夏場は特に賞味期限(あるいは消費期限)を守ったほうがいいでしょう。

先にゆで卵を作っておいて、いろいろなものに使えたら便利ですが、冷蔵庫に入れても日持ちしないことを考えると、使うたびにゆで卵を作ったほうが無難です。

ゆで卵が簡単にできる調理器具やレシピは充実しているので、それらを利用したり、どうしてもまとめて作りたい場合は、必ず3日以内に食べきることができる分だけをまとめて作るようにしましょう。

美味しくて手軽なゆで卵だからこそ、お腹を壊す心配なしに安心して楽しみたいですね。
 
 
✳︎美肌にも効果ありの「チャイティー」については、こちらのページ
 
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ