読書効果で子どもの学力UP!【脳を育てる豆知識!】

読書が好きな子どもは勉強ができるというイメージもあり、
子どもには本が好きになってほしいと願う親は多いものです。

実際に、ある塾で小学生の子どもを対象に行った調査では、
成績上位者になるほどよく読書をする傾向にあるという結果が出ています。

読書をすることで、
学力が向上したり、脳の発達が促されるなどの効果があるのでしょうか?

ここでは、
読書が子どもの脳や情緒に与える影響や
学力向上などの効果を見ていきながら、
読書が好きになってもらうために親に何ができるのかを考えていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

読書効果で子どもの語彙が豊富になり、脳の言語能力が発達

読書がもたらす一番の効果は語彙力が高くなることです。

私たちが目で文字を見たあと、
その情報が視神経を通じて言語野に送られ、その意味を理解します。

読書をするだけで脳が活性化し、言語能力が発達するのです。

言語能力は、すべての学力の基本です

理数系の科目でさえ、
文章を理解する能力が欠けていては内容を理解することが
困難になってしまうからです。

集中力が持続する

本を読んで内容や登場人物の心情を理解するためには、
集中力が必要です。

最初は集中力が続かなくても、継続的に読書をすることで、
自然と集中力が持続するようになります。

想像力や感受性が育つ

本には情景や登場人物の心情が描写されています。

自分自身の体験に照らしあわせたり、想像しながら読書をすることで、
共感能力を高める効果が期待できます。

これは実社会に出たときに必要不可欠なコミュニケーション能力につながります。

子どもの未来志向、社会性などの意識が高くなる

国立青少年教育振興機構が実施した調査結果によると、
子ども時代によく読書をした成人は、
未来志向や社会性、意欲・関心、文化的作法・教養、市民性の
すべてにおいて、現在の意欲や能力が高いという結果が出ています。

将来のことを考え、
自分からこれをしたいという意欲が高まれば、
自然と学ぶ姿勢が身につきます。

ストレスを解消できるようになる

サセックス大学の調査で、
6分間の読書によってストレスが3分の2以上軽減される
ということがわかりました。

過度なストレスは心身の健全な成長を阻んでしまいますので、
子どもの脳の発達にも悪影響です。

読書によってストレスを解消するとともに、
これまで見てきた効果を享受することは、子どもにとって理想的と言えます。

【スポンサードリンク】

子どもが読書好きになるために

ここまで読書が子どもにもたらす効果を見てきました。

しかし、子どもに読書をしなさいと言っていても
なかなか素直に本を読むようにはなりません。

それは、本を読むことの楽しさを
子ども自身が一人で見つけることが困難だからです。

子どもは、遊びの中で興味や関心を抱くようになります。

そのためには、最初は親の手助けが必要なのです。

有効な方法の一つは読み聞かせです。

大人が読み聞かせてくれたお話が面白ければ、
子どもは自然と読書に興味を持ち、自分でも読んでみたいと思うものです。

二つめは大人が読書をする姿を子どもに見せるという方法です。

本を読むことはとても面白いものなのだということを
言葉ではなく姿勢で伝えるのです。

実際に本が好きな子どもの親は読書をする習慣があることが
多いと言われています。

子どもの健全な脳の成長と学力向上のためにも、
まずは親自身が読書を楽しむところからはじめてみましょう。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ