膀胱炎の症状【女性編】自然治癒で痛みは軽減するの?

膀胱炎は女性のほうが男性よりも圧倒的にかかりやすい病気です。

膀胱炎に一度でもなったことのある人は、
その辛い症状をできれば二度と経験したくないといいます。

そして、可能であるならば泌尿器科へ行かずに
自然治癒で治したいと願う人が多い病気でもあります。

そこで、ここでは

・女性の膀胱炎がどのような症状なのか

・自然治癒で痛みは軽減するのか

というテーマについて一緒に考えていきましょう。

【スポンサードリンク】

女性の膀胱炎の症状

女性は急性膀胱炎にかかりやすいと言われています。

急性膀胱炎の症状は

・排尿時や排尿後に焼けるような痛みが現れる

・トイレが近くなる

・残尿感がある

・血尿が出る

といったものです。

自然治癒で痛みは軽減するの?

軽いものであれば、
自然治癒で痛みが軽減することは充分ありえます。

本来、人間のからだには免疫力があり、
不特定多数の細菌やウィルスに対応できるようになっています。

日ごろから免疫力を高めておくことで、
軽いうちに自然治癒させることが可能です。

また、膀胱で菌が繁殖する前に、水分をたくさんとり、
きれいな尿で尿路を洗い流すことで症状が改善
することがあります。

しかし、痛みがひどい場合や長く続く場合には、
病院を受診しましょう。

膀胱炎が長引くと、
高熱や血尿が出る腎盂腎炎に発展してしまうことがあります。

また、慢性化すると治療が難しくなってしまいます。

膀胱炎は抗生物質の投与でよくなりますが、
抗生物質が効かない多剤耐性菌に感染している可能性もあるので、
専門機関の受診をおすすめします。

尿検査で菌や白血球を調べるだけで診断がつくことがほとんどです。

膀胱炎は泌尿器科のほかに産婦人科でも診察してくれます。

泌尿器科のハードルが高い場合には、産婦人科を受診しましょう。

膀胱炎の原因

多くの場合、大腸菌の感染が原因と言われています。

免疫力が落ちると、尿道を大腸菌が上がって、膀胱炎になります。

女性は男性より尿道が短いため、菌が尿道で止まらずに、
膀胱まで上がってしまうことが多いのです。

また、妊娠中に膀胱炎にかかる人も多くいます

妊娠中は免疫力が低下するため、大腸菌に感染した場合、
通常よりもすぐに膀胱炎に発展してしまいやすいのです。

妊婦さんの膀胱炎が酷くなると、お腹が張りやすくなり、
切迫早産のリスクが上がると言われていますので、
早めにかかりつけの産科医に相談するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

クランベリーエキスについて

欧米では、病院にかかると費用が高額になることもあり、
膀胱炎の予防にクランベリーエキスを摂取する人が多いといいます。

クランベリーは北アメリカでとれるベリーの一種で、
長期的に摂取することで、膀胱炎の再発を防ぐ効果があるとされています。

これは、クランベリーに豊富に含まれるキナ酸という成分によります。

キナ酸は肝臓で分解され、馬尿酸という物質に変わります。

馬尿酸は尿を酸性に保ち、
大腸菌をはじめとする菌が尿道や膀胱で繁殖するのを防ぐと言われています。

菌を殺す効果はなく、あくまでも民間療法であり、
予防的な使い方になりますが、
なるべく薬に頼りたくない、
再発しやすいという方にはおすすめです。

最後に

ここでは辛い膀胱炎の症状と自然治癒についてみてきました。

できれば病院へ行かず、早期のうちに治してしまいたい膀胱炎。

普段から水分をしっかり取ったり、
クランベリーエキスを利用して、予防に努めましょう。

しかし、それでもかかってしまった場合には、
早めに専門機関で受診して、すっきりと治したいものですね。

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ