アーモンドミルク効果効能【糖質やカロリーは?妊活にも効果的?】

最近ネット上で話題になり、レシピもさまざまなものが掲載されている『アーモンドミルク』

輸入食品店でも販売されていることがあり、実物を目にしたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

ところでこのアーモンドミルク、ダイエッターにとって気になるのはカロリーや糖質でしょう。

ダイエットには向いているのでしょうか?

また、子供を授かりたいと妊活をされている方には、妊活に適した食品であるかも気になるところかもしれません。

さらに栄養豊富なアーモンドがもとのこのアーモンドミルク、効果効能はどんなものがあるのでしょうか?

今回はアーモンドミルクについて、効果効能、ダイエッターには気になる糖質やカロリー、妊活に適しているかなどを調べていきます!

【スポンサードリンク】

ダイエッターには強い味方!アーモンドミルクのカロリー、糖質

アーモンドがもとのアーモンドミルク。

いかにも栄養豊富そうですよね。

ダイエッターにとって気になるのはそのカロリーや糖質といったところ。

比較対象として牛乳のカロリーと糖質を記述しておくと、200ml(だいたいコップ一杯)でカロリーは134kcal、糖質は約9g

やはりたくさん飲むとカロリーが気になります。

しかし、アーモンドミルクは添加物のない手作りアーモンドミルクの場合、200mlでカロリーは30kcal、糖質も約0.6gと気になる値が大変低くなっています!

ダイエッターにとっては強い味方となりそうですね。

ただし、これはアーモンドと水が原料である手作りアーモンドミルクの場合。

市販のパック入りアーモンドミルクは飲みやすいように砂糖が添加されている場合があり、その場合はガンと糖質の値が高くなってしまいます。

市販品を購入される場合は、パックの表記をよく見て購入しましょう。
 
 
*ちなみに、話題の『アーモンドオイル』についても要チェックですよ^^
 

スリムに美しく…アーモンドミルクの効果効能

アーモンドミルクは元々第3のミルクとして牛乳や豆乳の代わりに広まったもの。

牛乳でお腹がゴロゴロとなってしまったり、「ベジタリアンなんだけど大豆がもとの豆乳はホルモンバランスが変わってしまって…」という方のために最適なものと言えます。

ところでこのアーモンドミルク、もとがアーモンドなだけあって大変栄養が豊富!

中でもビタミンB2が豊富で、

  • 美しい髪を育てる
  • 皮膚を丈夫に作る
  • 爪を強く作る

などのとても嬉しい効果があります。

そしてビタミンB2の注目すべき効果が、「エネルギーの代謝を助ける」です!

ビタミンB2には炭水化物や脂質などの代謝に関わり、エネルギーが円滑に交換される力になってくれるのです。

脂質の代謝…つまり、食事から得られた余分な脂質をエネルギーに変えてくれるということ!

ダイエッターにとっては注目のビタミンですね。

この他、「若さのビタミン」と呼ばれるビタミンEも豊富に含まれています。

このビタミンは脂溶性のビタミンで大変すぐれた抗酸化作用を持っており、余分なフリーラジカル(活性酸素)による細胞の老化を防いでくれます。

ビタミンEには細胞の新陳代謝を活性化する働きもあり、ひいては体全体に栄養が行き渡るのを促し肌トラブルにさえ効果があります。

体を美しく保ちたい方にはとても嬉しいアーモンドの効果効能。

アーモンドミルクで手軽に取り入れたいですね。

【スポンサードリンク】

アーモンドミルクで手軽に妊活!ビタミンEの知られざる効果

「細胞を若く保つ」と前述したアーモンドミルクにたっぷり含まれているビタミンE。

実は「若さのビタミン」と呼ばれている他にも「子宝ビタミン」という呼び名も!

ビタミンEはトコフェロールとトコトリエノールにわけられますが、中でも“トコフェロール”の語源はギリシャ語の”tocos”=出産と”pherein”=授ける

いかにも妊娠に繋がりそうな語源ですよね。

その呼び名、語源に違わず、ビタミンEは妊活効果が大変素晴らしいのです!

卵子の衰えを防ぎ質を良くするほか、肌だけでなく卵巣年齢を若返らせる効果もあるといいます。

それに子宮内膜を厚くし、着床確立を上げ、健康な赤ちゃんを育むもとになってくれるのです。

また、ビタミンEは性ホルモン分泌を調整する脳下垂体にはたらきかけて生殖機能を維持します。

性ホルモンの分泌…という点でわかるように、月経前のイライラや生理痛、生理不順にも効いてくれるのです。

そして男性にとっても精子数を増やすなどとても妊娠力を高めてくれるのです。

このように妊活中の方には注目すべきビタミンE、アーモンドのみで賄うには1日20粒必要と言われていますが、アーモンドミルクならより手軽に取り入れられますね。

妊活中の方はぜひアーモンドミルクを活用してみてください。

まとめ

今回はアーモンドミルクについて、ダイエットに向くかどうかや嬉しい効果効能などを記述してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

私はアーモンド由来の豊富な栄養が含まれることは知っているつもりでしたが、ビタミンEで妊活がはかどる…ということについては全く知識がなくとても驚きました。

ナッツアレルギーの方はもちろん飲んではいけない飲料になりますが、このアーモンドミルクを牛乳や豆乳の代わりに取り入れていけば気軽にダイエットや妊活になること間違いなし。

女性にとってはとても強い味方になりそうですね。

あなたもまずは手軽に買えるパック入りのものから探されてはいかがでしょうか?
 

【スポンサードリンク】
     

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ